2010年04月13日

学校に対する怒り

上の子は、1年生の時から宿題があまり手につかず、今もかなり手こずっている。

こういう状態になったのは、やっぱり私の影響だと思う。

私自身が、宿題がまともにできない子だった。

叱られたり、罵られたり、同級生にバカにされたり。

それで、子供には、こんな目には合って欲しくない、って、無理させてしまった。

ごめん。お母さんバカだった。全然わかってなかった。今も、まだどうしていいかわかんないんだ。

辛い思いをしている子供に、さらに重しを乗せてしまう。

でもどうしたらいいのか、わかんないんだ。



まず、自分から。

それで何か変わるのか、本当はそれだってわからない。

でも、変えられるのは自分だけだから。

自分を見る。



上の子の学校でのできごとなんかを聞いていると、先生が、子供自身のためと言いつつ、全体のため、ひいては先生自身のためのことを子供に押し付けている事柄がとても気になる。

怒りを感じる。

でも、この怒りは、私自身が学校に対して怒りを感じた事柄なんだ。

「私のためとか言うけど、結局、全部あんたたちのためじゃん」

そんな風に感じていた。

誰一人私を信じもしないくせに、私の声に耳を貸さないくせに、何が「あなたのためだから」だ。

言うこと聞いてくれなきゃ面倒だからだろ。

例外ができたら混乱するからだろ。

はみ出すものは罰するしか統制できないからだろ。

出来の悪い生徒がいたら評価が落ちるからだろ。

誰が言うことなんか聞いてやるものか。

おまえらなんか大嫌いだ。



それでも、私は組織に染まりたかった。

先生の期待にそう自分じゃないことが嫌だったんだ。

だから子供を身代わりにさせたのか。

組織に染まれる、私の分身として送り込みたかったのか。



私は、認めて欲しかったんだ。

やっぱり、入れて欲しかったんだ。

私のままで、中に入れて欲しかった。

この子がいなければいいのになんて思われたくなかった。



私にとっては、学校は、仲間に入れるかもしれないっていう、希望の場所だった。

家ではみ出しものだったから、他に居場所を探してたんだ。

私のままで受け入れて欲しかった。



学校に関する思いは、細かい出来事ごとに、まだまだたくさん埋まってそう。
posted by 蝉ころん at 22:24| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひきこもり母ちゃん

子供たちの学校が始まってから、家を出る必要がなくなりました。

しかも、まだはじまったばかりで早く帰ってくる、昼も食べる。

出てもすぐ帰ってこないとなーとか思ってると、出るのが面倒。

そうしたら、見事に家を出なくなって。

とうとう冷蔵庫が、引っ越しかってくらい空っぽになってしまいました。

今日の夜ごはんで野菜もタンパク質もおしまい。

小麦粉とコメならあるけど・・・っていつの時代ですか。



明日は出かけよう。

用事はともかく、食料買ってこよう。

しなきゃいけないことは欲張らずにいっこずつ。
posted by 蝉ころん at 18:48| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

子供をしたかった

下の子との関係。

小学生になって、自分でできることがかなり増えてきた。

それにつれて、私の方に、くっつかれていることに嫌悪感が出てきた。

ここでどっしり落ち着いてべったりさせてやれると、自分から離れていけるんだろうな。

理屈は知ってるつもり。

でも自分の気持ちがそう簡単にはいかないのも嫌というほどわかってる。

やっぱり私が先なんだよな。



私は、物心ついたのも遅かったけど、でも、そのころには既に親とは距離を取っていた。

親のテリトリーに踏み込まない習慣ができていた。

踏み込んじゃいけないって理解していた。

本当は入りたかったんだよ。

下の子みたいに、もっと膝に乗ったり、抱っこしてもらったり、したかった。

話を聞いてもらったり、ないしょだよって言ったり、お母さんだけに意地悪したり、したかった。

お母さんにだけは、許されたかったそういうこと。

お母さんにだけは、わかって欲しかったのに。

私を受け入れてよ。

受け入れて欲しかったよ。

お母さんのバカって大声で言いたかったよ。ごめんねって言って欲しかったよ。聞いてほしかったよ。

甘えたかったよ。

いくら器用だからって、理解が早いからって、子供として見て欲しかったよ。

私は子供だったんだよ。

今でも、ずっと子供のままだよ。

もうごまかせない。

大人のフリなんて、できないよ・・・・




子供でいたい。

私も子供でいたい。子供の私でいたい。

赤ちゃんでいたい。

私が許せば

できる。


できるかな。

いけないことは、ないはずだよね。

開けてみよう。開いてみよう。

赤ちゃんの私。でてこれるかな。
posted by 蝉ころん at 17:31| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

みんなでいっぱいいっぱい

ついこないだ余裕のある記事を書いたばかりなのに・・・もうやってきてしまいました。

荒れ荒れです。

特に上の子に対して・・・。

頑張ってるんだよ。わかるんだよ。

入学式後から学校が始まって、今までと違って、下の子が入学したから、ちゃんとしなきゃって、時間通りに出るし、宿題もするし、明日の用意もしてるし。

今までの進級直後とは雲泥の差でとっても頑張ってる。

その分、私に対する要求が今までより大きくなってて。

私も、やる気をそがないようにって頑張って応えるようにしてて。でもそれは「当たり前」扱いで。(そうなんだけども)

下の子は下の子で、新しい環境で頑張ってる。今までと違ってずっと席に着いてなきゃなんない。仲良しのお友達もいない。

家ではたくさん甘えてくる。

私がしていることを無理矢理やめさせたりする。

提出物もたくさんあって、用意するのは私しかいない。

みんなでいっぱいいっぱいになってしまって。



いい加減にしてよ!

私だって、今、やんなきゃいけないことしてるんだよ!

自分のこと我慢して、あんたたちのこと優先して頑張ってるのに!

言うことも聞かないで勝手なことばっかり、バラバラに言ってこないでよ!

もう放っといてよ!



バリア張りまくり。

物理的にも。精神的にも。時間的にも。

共有の場に置きっぱなしにされている上の子のものが癇に障る。
一緒に遊んでって言われるのもムカッとくる。
「お腹空いた」なんて聞いただけでハァ?って思う。

入ってくんな、喋ってくんな、命令すんな、ってこと。

存在を否定してる。

そういえば私は、物心ついたときにはすでに共有の場に、私のものを持っていったことなかった。
お母さんに遊んでもらったことなんかなかった。
お腹空いたって言っちゃいけなくて、ひたすら食事が出てくるのを待ってた。
お母さんの領域に入り込まないってことを、ずっと守っていたんだ。

それで、私以外のみんなが領地争いで散らかしたものを、私だけが一所懸命片付けてた。私は母の影、手先だったんだ。

母も、侵入されたくない人だったんだ。

それで私や兄に侵入してきてたんだ。

兄貴は自分の小遣いで買った漫画シリーズ、散らかしてて全巻捨てられたりしてたもんな。

私もそういうことしたくなるんだよ。

私も侵入してるんだな。

手先にしてるんだ。

やだな。

そんなの嫌だ。




やりたいことをしよう。

今日も午前中、やりたくないことばっかりしてたもんな。

こういう気分のときは、やりたいこともなかなか見えない。

怒りしか出てこない。

自分にまでバリア張ってる。

やっぱり自分が一番難しい。

でも、諦めない。

子供に当ててないで、自分を取り戻すんだ。



やりたいことをしよう。予定なんかクソクラエ。
posted by 蝉ころん at 14:18| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

役割欲求

PMSも終わって気分が前向き加減なこのごろ。

ゴミ処分してみたり模様替えしてみたりしてたら、ホコリの影響か喉がガラガラです。

あー。

このパターン、あったあった。

ずーんと気分が落ち込んで何もできなくなったあと、ふっと動けるようになったとたんに、やりすぎて体調を壊して寝込む。で、そのまま調子が戻らないままふりだしに戻る、と。

モラハラ被害中はずーーっとこのパターンをぐるぐる回ってた。

不調になったとたんにモラハラ攻撃浴びて、さらに悪化するのもパターンだったな。

それでさらに自己評価を下げてしまってた。こんなちょっとのことですぐに調子崩して、何もできやしない、しょうもない人間って。

どんどん無理して、余計に体調が戻らなくなって、沈み続けてた。

休むことを自分に許せない精神状態だった。休んでるときも、休まなきゃいけない、休むしかない、って、無理矢理休んでた。心は全然休まってなかった。

やらなきゃいけないことがあるのに。時間がないのに。私の仕事なのに。沸き上がってくる焦りを押さえつけて、必死で理屈で言いくるめてた。それで、休んでる自分を非難してた。落ち着いて休むこともできない自分も非難してた。

全部、自分をマイナス評価してた。成すべきことを成せていないんだから、マイナス評価で当然だと思ってた。

辛かったな。自分を許せなかったんだな。

あの頃の私、

そんなにまでしてやんなきゃいけないことじゃないよ。時間だって、きっと余裕はあるよ。絶対私がやんなきゃいけないことでもないかもしんない。そんなことより、私の体の方が大切だよ。

ゆっくり休も。

そんな風に声をかけたいかな。



でも、今でも、人と関わったら前みたいに無理したくなってしまうものがあるのは感じる。

不安・・・かな。

言ったことをできない人間になってしまうことが?
人のアテを外してしまうことが?
期待はずれと思われることが?

結果、見捨てられることが・・・?

役割でしか、私を見てもらえないと感じてる。
役割が全うできなくて、役割が外れたら、相手の心から私がいなくなると思ってる。
私ができる何かをさせるってことでつながってるんであって、私個人のことが好きとか、心配とか、そんなのはないと、思ってる。

今も、そんな風に思ってるところがある。

根っこはどこだろう?

子供のころから、クラスの活動とかでは参加できたけど、休み時間はほとんど一人だった。人数の必要な遊びなら仲間に入れた。
「入れて」なんて言って無理矢理入れてもらっても、下手で迷惑がられたりして、デキる人じゃないとダメなんだと思った。

家族4人の中で、なにかことが起こると、突然私の存在が他3人の中から消えたように無視されたな。役割を持たない私は、いつでも簡単に家族から心理的に閉め出されていたな。
跡継ぎっていう、無視され得ないほどの重要なポストに就いてる兄が羨ましかった。私も役割が欲しかった。簡単に取り上げられることのない、代わりのいない重要なポストが欲しかった。調整役みたいなことをやっていたつもりだったけど、一瞬でどうでもよくなる存在だったよ。

離婚前には、主婦とか、母とか、そんなものを押し付けるな!って思ってたけど、私もそんな役割にしがみついてたのかもしれない。

そうだったんだな。

ちゃんとメンバーとして存在したかったんだ。そのためには役割が必要なんだって学習してたんだ。



まだ、いるかな?

役割とか。

そんなのなくても私は私だよ。

大事な私。

1人だけでも、大切な私のメンバーなんだ。

ご飯作れなくても。掃除も洗濯もできなくても。

休みすぎて仕事やめさせられることになったとしても。

私のことが大切だと思う。

手放せるかな?

怖いかな?
posted by 蝉ころん at 23:38| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

捨てるぞ

やっと、やっと、元夫が残していった負の遺産、家具ゴミたちに手をつけ始めました。

細かいものはほとんど捨ててたんだけど、元夫が実家から持ち込んだ類いの家具がどうにも、整理できなくて、パワーもなくて、ずるずると3年近くも・・・。

長かったよ・・・



元夫のやつ、結婚当時捨てきれず、断りきれずに新居にもちこんできたくせに、離婚となったらうちに置き捨てていきやがって・・・・うちはゴミ捨て場じゃねえ!私はゴミ捨て場じゃねえ!

こんなものに囲まれてリラックスできるわけないっ。

いっそハンマーとかで叩き壊してやったらスッキリするんだろうなーなんて思いつつも、部屋中が木っ端だらけになるのはおそろしいのでやめました。



ということでまずは自力で運べるものたちから処分を開始。

視界に元夫由来のものがなくなっていくだけでかなり心理的に違います。

あらかた片付けたら、次は1人ではどうにもできない粗大ゴミをどうにかしたい。

それから、お気に入りの家具をじっくり探して入れていくんだ。

ゆっくり自分の場所を作るぞー。
posted by 蝉ころん at 21:52| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうでもいい子をやってた

小さい頃から、男になりたかった。

物心ついた頃には、すでにお兄ちゃんに憧れていて、やることなすこと真似ばかり。

男性ホルモンも多いのか、毛深いわ声低いわ身長もあるわ。

結婚してもボーイッシュは変わらず。

子供も、絶対男の子が生まれてくるもんだと思っていた。

性同一性障害のことを知ったとき、不謹慎ながら、私もいっそこの障碍だったらよかったのに、それなら男として生きることができるのに、と思った。

でも、私が体も心も男でないことは私が一番よく知っていた。だからそんなわけにはいかないんだって、それがまた泣くほど悔しかったりもした。

なぜそこまで男にこだわってきたんだろう。

男でいるだけであれもこれもできてずるい、という気持ちがある割には、女でいるだけで受けられるような特典には拒絶反応を示したりする。

女でいることをそもそも、完全に否定している。

つまりは女であるところの私を否定している。

この感覚はなんだろうって思ってた。



これは、環境から学んだものだ。

女でいるってことだけで、家庭に、親類に、仲間に入れてもらえない感じ。

そんな、周囲の価値観。

それを、そのまま自分の中に取り込んでしまった。

どうせ私は女だから入れてもらえないんだ。

どうせ私は入れてもらえないんだ。

なんで私はこんなに仲間に入れてもらえないのか。

なんで入れてくれないの?



いっこわかった。

母も、受け入れてもらえなかった人だったんだ。

女であるということで、家族に入れてもらえなかったんだ。

母も、男になりたかったんだ。

だから、私のことは別個人として扱ったし、兄のことはまるで自分のことのようにいつまでもいつまでも手を離さないんだ。

母は、兄に自分を託したんだな。

いや、男を手に入れたんだ。



私もおんなじ感覚がある。

私は弟がほしかった。

自分の言うことをよく聞くかわいい弟が欲しいと思ってた。

身代わりにするつもりだったんだ。

男の子が生まれたら、兄のように育てたかもしれない。



そして、母は、女の子はいらなかったんだ。

だから、自分と分離して、家族と分離して、それでよかった。

「あなたは何も心配してないから」

ってよく言われてた。

女子高生が夜中で歩いてたら心配しろよ。いくらできた子でも。

問題を起こさず、人に迷惑をかけることで家に迷惑をかけなければどうでもよかったんだ。

託すものが何もない、どうでもいい子だったんだよ。

いや、どうでもいい子、というものを託されたのか。





そんなのいらない。

私はどうでもよくなんかない。

どうでもいい子なんかじゃない。

私は大事な大事な私だ。

男だろうが女だろうが、私は大切なわたし。



どうでもいい子なんて役割は断固として返上するわ。

いや、返上することもない。勝手に外して放り投げていくわ。

ぽいだ。

身代わりとかも、いらない。

そんなのいらないんだ。私なんだ。
posted by 蝉ころん at 01:21| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

平穏なんだけど

ここ数日、ころんちゃんが現れない。

保育園のお別れで、たくさん先生と話せてちょっと満足してるのかな。

それとも、学校が始まるまで子供とべったりになるから警戒してるのかな。

子供と一緒にいてると、なんだかんだと対抗意識メラメラで出てくることが多いんだけど・・・。

なんだか今は小休止みたい。

関わる人の、私が気になるちょっとした行動も、イライラっとくるんでなくて、「あ、こういうのが嫌だな」って、冷静に見れてる感じ。

今のところは。



でも。

私の中にまだまだマグマが溜まってるのもわかる。

またいつか出てくる。

なんとなくPMSのタイミングで特に強く出てくるみたい。

理性が緩むというか、思考が負けるというか、そういう時期なんだな。

ころんちゃんが強くなる、チャンスなんだ。

またその時期が来たら、逃さずに、1つずつ向き合おう。
posted by 蝉ころん at 10:13| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

横取りされたりとか

上の子に影響が出てきたなーと思う。

今までとちょっと違う形で現れてきた。

下の子が、私に対してイタズラしたり、わかってて困らせたり、そういうことをしていて、私が下の子に対して気持ちを伝えようとしていると、上の子が割り込んでくる。

そして、私の言いそうなことを、代弁する。説得してやめさせようとする。やめるまで一方的に説明し続ける。

ん〜〜〜。

私と下の子との問題なんだけどな。入ってきちゃうんだよな。

入ってこずにいられないんだよね。

上の子のときは、それを私がしてたもんね。

とにかくやめさせてた。

有無を言わさず「悪いこと」に仕立て上げて、やめないのは悪い子ってことにして。

罪悪感植え付けまくってた。

これって実家でのやり方だったな。



今は、私は嫌、って伝えて、やめる、という選択肢を選ぶかどうかは子供に任せるようにしているんだけど、それはまだ上の子にはうまく理解できてない。

まだ上の子には残ってるから。私がしてきたことの記憶が。

だいたい、私もまだ新しい方法が上手にできてないしね。

私が変化していったら、上の子も少しずつ変わっていけるかな。変わらないことも、ありえるんだよな。

それもまた、受け止める。



こういうことがおこったとき、ちょっと前までの私なら、すぐに割り込んでくることをやめさせようとした。

でもそれも違うのかなって最近は思う。

それをすると上の子は否定されることになるから。

過去にしたことが、いろんな形で表に出てくる。

その場ですぐに答えが出せないことも多くてなかなか一筋縄ではいかないけど、ちょっとずつは前進してるかな。

難しいけど。

母ちゃん負けないよ。前に進むよ。



なんか、「かあちゃん」になっちゃった。
posted by 蝉ころん at 23:19| Comment(0) | 子育て関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。