2010年03月12日

こんなん出た

そうだそうだ。

私は大人になったら子供をしようと思ってた。

本気でそう決意してたんだ。

そんなにはっきりそう思ってたわけじゃないけど、父がわがまま放題、やりたい放題なのを見て育ったから、私も大人になって自分でお金を稼げるようになったら好きなことをしまくろう、って思ってた。だから、子供は産まないって決めてた。子供がいたら、お母さんみたいになっちゃってわがまま放題なんてできっこないと知っていたから。

それが、元夫と結婚して、結局好きなことできなくて、「やりたい」って言っても、バカにされたり、やらしてもらえなかったり。じゃあ1人でやる、ってやろうとしたらふてくされながら無理矢理一緒にやり始めたり。

楽しめなかったんだ。

それで子供を産んで・・・・

そしたら、なんと私がさせてもらえなかったことを、夫が子供にはどんどんやらせるやらせる。

どっかーーーんっていったんだ。限界超えたんだ。

私がやりたかったのにーーーーーー!!!

やりたいって言ってたのに!!!

私が先に言ったのに!!!

ずるいーーー!!!

本当の子供だからって、ずるいーーー!!!

私はずっと我慢してきたのに!!!

やっと大人になって、好きなことできるはずだったのに!!!

ずるい!ずるい!ずるい!

嘘つき!

大人になったらできるって、大人になったら好きなだけやろうって言ったくせに!

嘘つき嘘つき!

もう絶対言うことなんか聞かないんだから!

大っ嫌いーーーーーー!!!





でも私はそれも封印したんだよ。「いいお母さん」でいるために。

あーーーー・・・・・・



そうだったよ。私が閉じ込めたんだったよ。

ごめん。ごめんね。ちびころん。

そうだった。ずっとそうやって我慢してもらってたね。大人になってからもずっと我慢させちゃってたんだね。気付かないまま閉じ込めてたんだ。

本当にごめんね。



やっぱりまずは私なんだな。ちびころんなんだな。
posted by 蝉ころん at 19:41| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんな気持ちも私のまま

陶芸教室、行ってきました。

感想は、

「あんまり面白くなかった・・・・」

という、残念な結果に。

あーあ、楽しみにしてたのに。せっかく予約して、ルンルンで行ったのに。



・・・・・・・・・・



あっ。



これじゃん。

私がいっつも封じ込めてた気持ち。言っちゃいけない、思っちゃいけないって押さえてた気持ち。

「楽しみにしてたけど、面白くなかった」

これだよ。

そうだよ。面白くなくてもありなんだよ。

せっかく予覚しても。
とっても楽しみにしていたことでも。
一所懸命楽しもうとしたとしても。

楽しくないことは、楽しくないんだーーーーーー!

楽しくなかったんだよーーーーー。

わーい。

楽しくなかったです。思ってたほど。

割と放ったらかしな感じだったしー。あんまり構ってくんないしー。他の生徒と雑談ばっかりしてるしー。先生も先生の作業してるしー。

何やっていいかわかんないよーーー。もっと構ってよーーー。もっと褒めてよーーー。もっと教えてよーーー。

アットホームな感じでいいところだとは思います。

でも私には合わなかったんだな。

それでよし。

つぎ行こ、つぎー。

合うところを探せばいいのだ。



でも焼き上がりは楽しみなんだな。ふふ。

土の感触。

少し乾いて固まってきたひんやりした手触り。

出来上がった作品んがちょこんと置いてあった佇まい。



ふふ。



やっぱり楽しかった。こんなくらいでいいんだ。

ちびころんの「楽しい」はこんな感じなんだな。

ほらやっぱり涙が出てくる。そうかそうか。

控えめで、誰にも気付かれないけど、「うふふ」って。

じんわりじんわり遅れてくるの。

なんかかわいいかも。

思ったより楽しくなかったけど、でもちょっと楽しかったねって、目を合わせて「うふふ」って笑うんだ。

そんな感じ。

そんなかんじが嬉しいんだね。



私も楽しかったよ。また2人でどっか行こうね。

2人で楽しいを育てようね。

先生の前で無理して楽しいフリさせて、ごめんね。
posted by 蝉ころん at 16:00| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一歩

今日は陶芸教室に予約してきました。

陶芸、小さい頃にテレビで見てからずっとやりたいなって思ってた。

「やりたいな」って何度か言ったことはあったけど、連れて行ってもらえたことはなかった。

遠いところでしかやってないと思ってたし、自力で調べてまで・・・って感じだったから、きっと私はそんなにやりたくないんだなって思ってた。

予約して帰り道、ちびころんに、「お母さんと一緒に行こうね」って声をかけたら、小学生のちびころんと、手をつないでるイメージがぱちっと出てきて、同時に涙がぼろぼろぼろぼろ出てきて。

家に着くまで泣きっぱなし。

一緒に行きたかったんだね。お母さんと行きたかったんだね。

一緒に行こう。ちびころんを放って行かないよ。一緒に行こうね。きっと楽しいよ。

なんとなくのばしてた爪を切って、行こう。



今日のお昼から。行ってきます。ちびころんと一緒の第一歩。

楽しんできます。
posted by 蝉ころん at 10:23| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。