2010年03月11日

すがりつきたい

あーもう。

毎日毎日振り返ってはたくさん泣いて。目がふやけてない日がないってくらい。

おとうさーーーん

おかあさーーーん

怖いよーーーー。

寂しいよーーーー。

結局はこれなんだ。

受け止めてもらえなかった悲しみ。ぬくもりが欲しかったよ。抱きとめて欲しかったよ。話を聞いて欲しかったよ。

カーテンのかげで泣いてたっけ。

「いつまで泣いてるの」
「しつこい」
「諦めなさい」
「わがままなんだから」
「せっかく〜してあげたのに」

うるさいうるさいうるさいうるさい

声が聞こえないくらい、泣き叫んでいた。

聞きたくなかったんだ。

私の気持ちは受け入れないくせに。泣くくらいもしちゃいけないのか。うるさいうるさいうるさい!こんなお父さんなんか、こんなお母さんなんかいるもんかーーー!どっかいっちゃえーーー!

大っ嫌い!大っ嫌い!



でもやっぱり、抱きしめて欲しかったんだ。

今もやっぱり、しがみつきたくなるよ。

子供がしがみついてくるたび、ざわざわする。

私もこんなふうにしたかったんだって。

抱きしめられながらでも「お母さんのバカ!」ってポカポカ殴ってくる。「お母さんなんか嫌い!」ってしがみついてくる。

これってアリだったんだなあ。子供ってこんなことにしてよかったんだなあ。



今でもまだ探してるんだ。私のお父さんとお母さんを。

私の話を聞いてくれるお母さん。受け止めてくれるお父さん。

無意識に。

友達になりたい女性は、いつもみんな母に似ていたと気付いた。
男の人は、お父さんと同じくらいの背丈の、大きな声で笑うひと。

ふー。

私は私のお母さんになれるかな。お父さんになれるかな。

ちびころんを抱きしめたいな。

怖いよー。寂しいよー。って声が出てくる。

受け止めたいな。
posted by 蝉ころん at 15:51| Comment(2) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

したいことをする・・・

したいことをする。

何がしたいんだろう、とずっと考えている。

本当にしたいことって、何だろう。

私は、たとえばなにかの集まりがあるなら、自分の意見は言う方だと思う。

じゃあ、やりたいことがあるのかっていうと、そうじゃなかったんだ。

こんな目的があるなら、こういう方法がある。この方がもっと簡単。

そんなのばっか。

「こういうふうにやりたい」

そんなこと思ったことないな。

「私ができるところを見せたい」

ならあったかもしれない・・・。

あとは、

「みんなやてることだからやりたい」

ってのと、

「みんなやってるからやっても意味がない」

ってのと両方ある。



私の希望は本当に受け入れてもらえなかった。全部兄が優先。父がいれば、父が最優先。逆に、父がなにがいい、というと、やりたいことなんかなくてもやりたいって言わなきゃいけなかった。楽しくなくても楽しくしなくちゃいけなかった。父の自己満足のために。

なんでお兄ちゃんだけさせてもらえるの。なんで私はダメなの。なんで女はダメなの。なんで昨日はダメなのに今日は突然やらされるの。私がやりたくなくなっててもやらされるの。やったら必ず楽しくなきゃいけないの。

うまくできないとすぐお兄ちゃんに横取りされるし。ダメだしばっかりされるし。私が夢中になってるとみんなどっか行っちゃうし。

全然楽しくなんかない。やんなきゃよかった。言わなきゃよかった。

そうだよ。楽しくなかったよ。なにをやっても、やりたくってやっても、結局全然楽しくないことになっちゃうんだ。



今、子供が何か一所懸命やってるとき、私が見てると、ときどきぱっと顔を上げて、目が合うととっても嬉しそうな顔をして、恥ずかしそうに「見ないで〜」って隠すの。嬉しいんだよね。それがとってもかわいくて。

私も、こんなふうに見守られていたかったよ。

見守ろう。ちびころんを見守ろう。

楽しいを積み重ねていくんだ。

少しずつだ。
posted by 蝉ころん at 13:51| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。