2010年03月10日

恐怖に囲まれていた

朝、起きるのが嫌だ、と書いた。

昨日、子供が寝付いた後、布団でそのことを掘り返してみた。そしたらやっぱり「怖い」が出てきた。



朝起きても、何もいい出来事は待っていない。子供の頃からそう知っていた。

夜眠るのも嫌いだった。眠ってしまえば今日が終わる。また朝が来てしまう。

朝が来なければいいのにと思っていた。



朝になれば学校に行かなくてはいけない。

学校ではいじめが待っている。

私は堂々と当然のようにいじめられた。明らかな暴力が、クラスメイトの周知のもとで行われた。

帰り道では、大人が行き交う中で公然と暴力が振るわれた。

死んじゃうと思ってた。

「このまま死んでも誰もなんとも思わないんだ」とも感じていた。

怖かった。

私のことは誰も、人だとは思っていない。いじめられて当然、死んで当然の紙くずみたいな軽い存在でしかないんだ。

このまま、なにかのはずみとかしょうもないことで殺されるんだ。誰にも悲しまれずに簡単に死んでしまうんだ。私なんてそんなもん。

怖かったんだよ。ずっとずっと怖かったんだよ。

なんで?なんで?なんでなの?

なんでみんな笑ってるの?なんでみんな笑ってる横で私だけ泣き叫んでるの?私だけおかしいの?私だけなんでおかしいの?私はダメなの?

家に帰ればお父さんはいつキレるかわからない。いじめられてるなんて知られたらどうなるかわからない。学校に怒鳴り込んだりするかもしれない。嫌だ嫌だ。怖い。

家でも、学校でも、道ばたでも、ずっと恐怖におびえていた。いつでも、1人になれる場所を探していた。1人でないと怖かった。でも、1人じゃ淋しかった。でも誰が周りにいても私はひとりぼっちだった。

怖かったんだよ。本当に怖かったんだよ。本当に寂しかったし悲しかった。

誰かに聞いて欲しかったし、わかって欲しかった。辛かったねってぎゅっと抱きしめて欲しかった。ただそばにいて欲しかった。

大人は話なんか聞いてくれない。

「いつまでもいじめられっぱないしで情けない」
「いじめられる方にも問題が」
「友達も作れないひっこみじあん」
「泣き虫」

うるさいうるさいうるさいうるさいうるさい

なんでみんないじめっ子の肩を持つんだ。そんなに私はみんなにとって意味のない子か。私がいじめられとけばみんないつも通りでいられるからか。

私は生け贄だったのか。



ちくしょーーーーーー!!!!

なんでもかんでも私に押し付けやがって!みんなひどいよ!

今ならわかる。いや、そのときからわかってた。私がおかしかったんじゃないんだよ。

怖かったよ。怖かったよね。とってもとっても怖かったよね。

よくここまで辿り着いたよ。

生き抜いてくれてありがとう。私はちびころんに会えて嬉しい。私の大切な大好きなちびころんだよ。

私が抱きしめるよ。まだヘタクソだけど勘弁してね。

ずっと一緒にいようね。
posted by 蝉ころん at 11:45| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。