2010年02月26日

私と作文

今年は下の子が入学です。

ということは卒園でもあり・・・・卒園・入園がらみのあれやこれやがのしかかってきています。

期限付きの提出物、めちゃくちゃ苦手です。特に作文系のもの。
今日はそのうち1つの期限でした。朝からいろんなものに逃避しつつなんとか向き合おうとしていたら・・・。

うまく書けないもん。
うまく書かなくてもいいんだって。
書きたくない。
いやだいやだ。
別に気にしないで適当に書いちゃえばいいんだよ。
いやだいやだ。
書きたくない。
どうせ誰もちゃんと読まないって。

・・・こんな感じに頭の中で会話が出来上がってきました。

そしたらば。

「どうせ読んでくれない」
「どうせ伝わらない」
「どうせわかってくれない」

こんな感情が出てきました。涙とともに。

そうでした。私は本当は、

「ちゃんと読んで欲しい」
「ちゃんと伝えたい」
「ちゃんとわかってもらいたい」

気持ちを伝えるために書きたいんです。

文章でも、声に出しても、私の思いはいつも意図しない方向に解釈され、人を怒らせたり、的外れに褒められたりしてばかりでした。

誰も伝えたいことを理解してくれない。

言いたいことはそうじゃないということさえ理解してくれない。

じゃあどうしたら伝わるの?どう表現したらいいの?

そんなことは誰も教えてくれなかった。学校の作文は、伝えたいことを伝えるためでなく、文章らしく書けているかどうかしか見てくれなかった。

だんだん、それっぽい文章を書く技術だけが身に付いていったけど、本当の気持ちを表すことはもっとできなくなっていった。

なにをどう書けっていうの?
感情なんて、どうやって文章にするの?

ここのところ、気持ちを出していこうとしてるから、余計にできなかったのかもしれない。

今日の分はなんとか書くことはできたけど、気持ちを表現する点についてはクリアにはなってないな。

文章も今までよりまとまりがない自覚があったのは、こういうことだったからなのかな。

さて、この感じ、伝わっていますか?
posted by 蝉ころん at 21:49| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

気がつけば空腹

メンテナンスが長引いてびっくりでした。今日は普通にアクセスできるようになっててよかった♪

メンテナスするのも大変ですよね。



今日は、夕飯前にまったくやる気が出ずに困ってました。片付けも残ってるんだけどな・・・。

ちびころんが騒いでいるわけでもなく、特に障害はなさそうなのになぜ?

ふと寒い気がして考えてみたら、いつもより早めに昼を食べていて、それから間食もしていなかった。

単純にエネルギー切れだったようです。

とにかく食べよう!と思ったとたんに体が動いて、片付けも食事の支度も(チョー手抜きだけど)できたのが不思議!

気持ちで動くってこういうことかしら。
posted by 蝉ころん at 21:26| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

仕方ないってなにさ

子供の頃、よく「仕方ないでしょ」って言われた。

無理矢理納得させるための言葉。

気持ち悪い。違和感がすごくあった。

仕方ないって、自分が、納得したときに使う言葉だよ。どうしようもないことなんだな、って、腑に落ちたときに、「仕方ないな」って。結果として出てくる言葉だよ。周りから無理矢理思わせることってできないんだよ。

「もういいでしょ」とかもあった。

自分が満足できたら、「もういいや」って思うんだよ。他人が「もういいや」と思わせることはできないんだよ。

仕方ないと思えないうちに押し付けないで。
まだまだ納得いかないのにもういいことにしないで。
私の心を勝手に決めないで。

仕方なくないもん。ぜんぜんよくないもん。
誰も私の気持ちなんか聞いてくれないんだ!嫌なことされて「仕方ない」って思えなきゃ悪いのか!そんなの絶対受け入れない!みんな大っ嫌い!大大大大だーーーーーいっきらい!!



・・・・あー。

私はみんな嫌いだったっけ。

そういえばみんな嫌いだった。

大人も子供も家族も嫌いだった。

嫌いだったよ。

私を悪い子にするみんなが大嫌いだったんだよ。

怖かった。みんなで私を悪者に仕立て上げていた。よく自分を守ったね。すごいよ。本当によく頑張ったよ。許せないことは許さなくてもいいんだよ。間違ってないよ。偉かったよ。それでよかったんだよ。ちびころん、怖かったね。もう大丈夫だよ。
posted by 蝉ころん at 23:23| Comment(0) | 自分育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンクが気になる

こんにちは。

ここを再開してから、気がつくことが増えてきています。週末のようなイライラがたくさん出てきているのも、刺激があるからかも、と捉えて、意味を考えるようにしています。

今日は、買い物に行った日にもうひとつ気になったことを書き留めておきます。

下の子が入学なので、子供用の入学式の服を買いに行ったんです。

私が目がいって、着て欲しいなと思うのはピンク。黒とかもステキだなと思うんだけど、やっぱり着て欲しいのはピンク。子供は違う色を選びました。

その後も他の買い物をしつつピンクの可愛いカバンを見つけては、こんなのいいなー。持ってくれないかな。とか思ってて、はっと。

私が欲しいんだよね。私が好きなんだよね。

今は私は黄緑とオレンジが好きな色なんですけど、ピンクも好きなんだね?

私は小さい頃に「女の子」を封印したんで、ピンクも一緒に封印したのかも。

年がどうとか気にせずに自分にもピンクを許してみたいな、と思ったのでした。
posted by 蝉ころん at 14:29| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

今日のお出かけ

昨日に引き続き今日もお出かけ。

昨日は子供ものの買い物、今日は子供主体のレジャー。どっちも、私メインじゃないのがよくないのか、今日も出ました。私のイライラちびころん。

やっぱり出がけはなかなか用意しない子供たち・・・。とっても楽しみにしていたのに、なんで用意できないのかを理解するのが私にはとても難しい。

大幅に予定時刻をオーバーして出発・・・不機嫌な私・・・これじゃお父さんと一緒じゃん・・・。

掘り起こす・・・掘り起こす・・・ちびころん・・・

用意をぐずぐずしてたら何が起こるかわからなかったね。
とにかく一人でなんでもちゃんと用意できなきゃいけなかったね。
突然お父さんがお母さんにぶち切れて予定なんかふっとんだよね。

色々と思いを巡らしていたら、声を出していました。自分でもびっくり。

「お母さんは出かけるから用意してって言っても用意してくれなかったからイヤだった。」
「わかってくれた?」
「じゃあ、いい。もう不機嫌はおしまい!」

で、不機嫌から復活・・・。
その後は問題なくみんなで楽しく過ごすことができました。

これ何?これ何?なんか今までのと違う感じ。

うまくできた、とはとても言えない対応かもしれないけど。

なんか、今の分の問題だけを話題にできて、それで後を引きずらなかった。掘り起こしているうちに、過去の分の感情が問題から切り離せたのかな?

なんかよくわかんないけど、こういうパターンもあるのか。意識してできるようになるといいことかもしんない。

とりあえず忘れないうちに。
posted by 蝉ころん at 19:24| Comment(0) | 自分育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

買い物に行って掘り起こし

今日は家族3人でお買い物。

出かける前は子供の用意の遅さでイライラし、買い物中はおねだりにイライラし、帰り際はグズグズされてイライラし・・・。

最近、イライラは、押し付けられて無理矢理おりこうにしてきたことの現れだとわかってきたので、すかさず根っこ探しをします。

そういえばどちらかの子供と2人で出かけるときはほとんど出ない、このイライラ。

「家族で」がポイントかも・・・。

私が実家で家族で出かけた時。それはイコール父も一緒のとき。

ああそうね。いっぱい我慢してたわ。

父が行く気になったタイミングで他メンツがさっと用意ができないと最悪だったから、話がまとまったとたんに大急ぎで準備してダッシュで玄関を出たっけ。

機嫌良く出かけられたとしても、何が原因で爆発するかわからない父。ダダをこねるなんてもってのほか、欲しくないものでも父が買ってやると言えば喜んで買ってもらわねばならなかった。あれ、本当は父が欲しかったんだろうな。

父の機嫌が悪くなると、突然帰ることになったり、突然父だけどこか別のところへ行ってしまったりしたもんだった。

お店の人とか、他人と関わる機会なんかにちょっとでも気に障る態度を取られるとすぐにガラスのハートに傷がつく父は、突然大声で相手をなじったりしたこともある。このへんは外で子供にひたすら行儀よくさせたくなる原因かも。



イヤだったな。お父さんと出かけるの。

お父さんが一緒だと思っただけでもうどこにも行きたくなかった。でも行かないなんて言えるわけもなかったしね。

おねだりは、小さい頃は貧乏だったからほとんど叶えられなかったな。

やっぱり羨ましいのかな。妬ましいのかな。



う〜〜〜ん。

子供が家にいてるときはうまく掘り起こしもできないのかな。涙腺が反応しないわ。ただ事実を書いただけになっちゃった。また今度深く探ってみよう。
posted by 蝉ころん at 21:16| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

ポンと出てきたので書いておきます。

私の親は、特に父は、「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」「お母さん」「お父さん」という呼び方にすごくこだわっています。

うちの子供たちは、いつのまにか名前を呼び捨てで呼び合うようになっていて、それがとっても自然なので、私はそれでいいと思っています。

でも親は納得しない・・・。役割を押し付けないと気が済まないようです。

さっき、何気なく独り言で言い返して(?)みました。

「お父さんたちの時代は、長男・長女の役割があったり、継ぐべき家業があったりしたかもしれないけど、うちはそういうの関係ないからいいんだよ。二人とも対等なんだよ。ただ帰ってこられる家があるだけなんだよ」

言葉にしてから、これってすごくステキじゃない?と思ったの。

「帰ることのできる家がある」

わ〜〜〜。羨ましい〜〜〜〜!!

私には安心して帰れる家はなかったからね。家を出たとたんに部屋は浸食されたしね。

でももう、私にも帰る家があるんだ。私の場所があるんだ。やったね!

役割付きの家なんて、いらないも〜ん!

子供たちの場所も大切にしよう。



・・・なんかさっきの記事とテンション違いすぎてごめんなさい。(^^;;
posted by 蝉ころん at 13:44| Comment(0) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きっかけは、子供

ずっと、ただ必死で生きてきた気がする。何かに追われながら、恐怖から逃げるように。

好きなことをすることさえも、言い訳をつけて、「だから、権利がある!」と、自分にいい聞かせなければできなかった。人目を怖れて、受け入れられなくなることを怖れて、生きてきた。

うまくいってると思っていた。うまくやれていると思っていた。

元夫からのモラハラを受けて、生活が、自分が壊れたと思っていた。

でも違うことがわかってきた。

ただ元夫がモラハラ体質だっただけじゃない。私が変わったから、元夫がモラハラを仕掛けてきたんだ。変わらないように。引き止めるために。

きっかけは子供だった。

私は子供を虐待していた。

最近まで忘れていた、決定的な証拠を思い出した。子供が、漏らす不安のためにトイレから離れられなくなったとき、私は思ったのだ。

「マズい。バレる」

私が、子供を虐待していることが、とうとう明るみに出てしまう。そんな恐怖だった。

子供のためなんかじゃない。明らかに自分の保身のためだった。私は、自分の悪事を隠蔽するために、なかったことにするために、優等生の仮面をかぶり続けるために、子供を回復させる方法を模索し始めたんだ。

そして、これが、私自身が回復するための道につながっていた。

子供が、サインを出してくれたんだ。子供がハラスメント界から脱出するきっかけをくれたんだ。

そして、私が子供への対応を変化させ、ハラスメント界から徐々に離れて行きだしたことで、元夫のモラハラが悪化して行ったんだと思う。私を引き戻すために。

モラハラ最盛期のころ、「私が変わっても何も変わらないじゃないか」と思っていた。

でも違ったんだ。既に状況は、元夫は、変わっていたんだ。

元夫は、一緒にハラスメント界から脱することよりも、自分はそちらに残ることを選んだんだ。

私は私の信じる道を進んできた。これからもそうする。
間違うこともあるけれど、私は自分の道を進んで行く。

まだまだ加害者としての火種は自分の中にたくさん残っている。ちょっと息を吹きかければあっというまに燃え上がるだろう。

でも、一つ一つ、掘り起こして消していこう。ときどき間違えて大火事になってしまうこともあるかもしれない。でも、もう消すことができるから。怖くなることもあるけど、もう気付くことができる。大丈夫だから。



ありがとう。できるとこまで、進んでいくね。
posted by 蝉ころん at 13:22| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

何度でも何度でも

ハラレル体質はやっかいです。

前記事でも書きましたが、このところ過去記事を辿ったりしていました。

「だいぶ長い距離を進んできたなあ〜。あのころとは別人になったなあ〜」なんて、感慨をもちつつ読んでいたらば。「あれ?これ、次に書こうと思っていたことに似てる・・・。あ、これなんかさっき思いついたことそのまんまだ・・・」みたいな記事が大量にありました!

忘れてる・・・?

いや、覚えてるんです。記事を読めば、はっきり覚えてるんです。忘れてるわけじゃない。記憶とつながってないみたい。

何回も何回も同じことを今発見したことのように閃くんです。でも、前回閃いたときのことは思い出さない。

生き癖ってこういうことなんですね。記憶を塞ぐように育っている。そうじゃなきゃ生きて来れなかったから。頑張ったんだな〜ちびころん。



よっしゃわかった。上等じゃん。何度でも発見してやる。何度でも書いてやる。

何度でも何度でも。発見して、書いて、回路を太くして、忘れないようにすればいいんじゃん。

今までは割と(これでも)読まれることを意識して書いていたから、同じような内容は書かないようにって気にしてたけど、もう気にしな〜い。

じゃんじゃん思いついたことを書いていきます。

「これ読んだよ」と思っても、酔っぱらいの戯言とでも思ってくださいね〜。

あ、「またおんなじ事書いてるよ」ってコメントは大歓迎です☆それもまた記憶の強化になると思うので。
posted by 蝉ころん at 14:46| Comment(0) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

仕事を辞めた意味

コメントのお返事が遅くなっていますが、記事からあげさせて頂きます。


一番最近の職場は、「なんかヤバいんじゃないか」という予感は実はあったんですが、気のせいってことにして、「ただの厳しい職場」ってことにして、自分をだまして働き始めました。そのころの記事も、そんな感じで書いてあったと思います。

それで結局、やっぱり頑張りすぎてしまいました。ハラスメント行為の被害者になることはなかったものの、ハラスメント環境からうまく距離を取れず、結果としてダメージを食らってしまいました。子供が寂しいサインを出すようになって、やっとこのことに気付き、退職を決意したんです。

ハラスメント界はやっぱり甘いものではないですね。

退職後も、すっかり昔の癖が戻ってきてしまい、

・働いてないことに対する罪悪感
・世間体
・子供に対する引け目

などのマイナスの感情に惑わされてしまいました。

それで、就職活動してみたり、オフィス街近くへ買い物に出たり、資格試験の勉強をしてみようとしたり、本をひたすら読みまくったり、やりたいことを必死で見つけようとしたり・・・。焦りに追われて、目的不明の行動を繰り返す毎日。完全に依存対象を探していました。

そのうち、「なんかやってることが変だぞ?」とだんだん違和感が大きくなっていき・・・ようやく、「休んでいいんだ。自分自身が休みたがっているんだ」と理解できたのが、辞めてから3ヶ月後のことでした。時間かかったなあ。

そうだよ。疲れてるんだよ。

だって、小さい頃から、ずっと休まずにきて、やっと離婚が成立した後も、そのまま働き出して、しかもどこへいっても無理をしてしまって。

疲れてるよ。

休もうよ。休んでいいんだよ。



で、今は無職状態で家でほとんど引きこもり。やっとこの状態に罪悪感を持たなくなったところです。

それで、ここのブログに戻ってきて、なんとなく過去記事などを読んでみてビックリ!

子供との向き合い方、小さい自分のこと、すっかり忘れていました!

どこまで戻ってんだよ!あぶないなあ!



貯金もしばらく生活できるくらいはあるし、養育費もきちんと振り込まれているし、生活には問題ない。ダメージは食らったけど、就業経験で自信を取り戻せて仕事に対する不安もなくなった。

となれば、自分の棚卸しには絶好のタイミングじゃないのか!?

まだまだ、癒せていない自分がたくさん眠っている。ハラスメント界に入って行きたくなってしまう原因が埋もれている。

しばらく仕事はいったん置いておいて、自分とじっくり向き合おうと思います。

決断したとたんに、ちびころん、焼きもち焼いて子供とぶつかるし・・・前途多難だ(>o<)

でも、時間をかけて取り組みます。
ゆっくり焦らず。
posted by 蝉ころん at 21:33| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。