2007年12月25日

クリスマスで考えた

クリスマスですね。

うちでも子供たちはサンタさんにプレゼントを貰いました。(^^)

そこで上の子、しっかりサンタさんにお願いしていたものをもらったにもかかわらず、

「これじゃないのがよかったのに・・・」

あーーーきた。んなこったろうと思った。こういうときに素直に喜ばないんです。

私もついつい「それじゃサンタさんも残念だろうね」なーーんて言ってしまいましたが。

ふっとね、私もこんなふうに素直に喜べない子だったなと。それで「素直じゃない」とか「あげた甲斐がない」とか言われ続けてきたなと。

これ、「あげている側の論理」なんですよね。「喜ばそうと思ったのに喜んでくれないなんてつまんない」という。これが極端になると「人がくれてやっているのに喜ばないとは何事だ」までいくこともあると思います。

なんのためのプレゼントなのか?ということですね。

「私が喜ばせたい」ためなのか、「子供が喜ぶ」ためなのか。目的が入れ替わっちゃってます。「子供が喜ぶ」ためのものをあげておいて子供が喜ばないからってその責任を子供に押し付けちゃあまずいですよね。「私が喜ばせたい」ために子供が無理に喜んでもしょうがないわけです。

・・・この感じ、モラでしょ?



それから、こういうとき一番残念なのはもらったものを喜べない子供本人なんですよね。子供だって喜びたいに違いないもの。それなのに、ものを見たとたんにそれまでのワクワクがサーッと消えて、つまんないものに変身しちゃう。

プレゼントって、開けるまでは可能性が無限にあるんですもんね。それなのに開けたらたった一つのものになっちゃって、それまでにあった他のあれやこれやそれやの欲しいものはもういっぺんに消えちゃうんです。

「こんなのもらった!」っていう喜びより先に「あれもこれももらえなかった」が見えちゃったら、がっかりですよね。

子供にはそういう時期があるのかもなあ、と思いました。

ただでさえがっかりしているときに、それを見てさらに残念がられたり下手したら怒られたり・・・そんなんなら別にいらなかったって、思いますよね。私もずっとそうだったのに。私自身が満たされたいもんだから、子供のプラスの反応が欲しくて仕方ないんですね。

がっかりしている気持ちも、子供の大切な気持ち。それでいいんでしょう。まだまだ喜んでもらえなかった今の私の気持ちが鎮まるわけではないけど、がっかりしていたあの頃の私の気持ちも、思い出してみようと思います。



そしてこのあと上の子も、結局もらったものはやっぱり欲しかったものではあるので、しばらくしたら楽しそうに遊んでいました。下の子は頼んでいたものとは違ったのに最初から喜んでいました。
posted by 蝉ころん at 22:35| Comment(6) | 子育て関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。