2007年12月25日

クリスマスで考えた

クリスマスですね。

うちでも子供たちはサンタさんにプレゼントを貰いました。(^^)

そこで上の子、しっかりサンタさんにお願いしていたものをもらったにもかかわらず、

「これじゃないのがよかったのに・・・」

あーーーきた。んなこったろうと思った。こういうときに素直に喜ばないんです。

私もついつい「それじゃサンタさんも残念だろうね」なーーんて言ってしまいましたが。

ふっとね、私もこんなふうに素直に喜べない子だったなと。それで「素直じゃない」とか「あげた甲斐がない」とか言われ続けてきたなと。

これ、「あげている側の論理」なんですよね。「喜ばそうと思ったのに喜んでくれないなんてつまんない」という。これが極端になると「人がくれてやっているのに喜ばないとは何事だ」までいくこともあると思います。

なんのためのプレゼントなのか?ということですね。

「私が喜ばせたい」ためなのか、「子供が喜ぶ」ためなのか。目的が入れ替わっちゃってます。「子供が喜ぶ」ためのものをあげておいて子供が喜ばないからってその責任を子供に押し付けちゃあまずいですよね。「私が喜ばせたい」ために子供が無理に喜んでもしょうがないわけです。

・・・この感じ、モラでしょ?



それから、こういうとき一番残念なのはもらったものを喜べない子供本人なんですよね。子供だって喜びたいに違いないもの。それなのに、ものを見たとたんにそれまでのワクワクがサーッと消えて、つまんないものに変身しちゃう。

プレゼントって、開けるまでは可能性が無限にあるんですもんね。それなのに開けたらたった一つのものになっちゃって、それまでにあった他のあれやこれやそれやの欲しいものはもういっぺんに消えちゃうんです。

「こんなのもらった!」っていう喜びより先に「あれもこれももらえなかった」が見えちゃったら、がっかりですよね。

子供にはそういう時期があるのかもなあ、と思いました。

ただでさえがっかりしているときに、それを見てさらに残念がられたり下手したら怒られたり・・・そんなんなら別にいらなかったって、思いますよね。私もずっとそうだったのに。私自身が満たされたいもんだから、子供のプラスの反応が欲しくて仕方ないんですね。

がっかりしている気持ちも、子供の大切な気持ち。それでいいんでしょう。まだまだ喜んでもらえなかった今の私の気持ちが鎮まるわけではないけど、がっかりしていたあの頃の私の気持ちも、思い出してみようと思います。



そしてこのあと上の子も、結局もらったものはやっぱり欲しかったものではあるので、しばらくしたら楽しそうに遊んでいました。下の子は頼んでいたものとは違ったのに最初から喜んでいました。
posted by 蝉ころん at 22:35| Comment(6) | 子育て関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

最近の変化

またまた一週間が経ちました。元気でやっております。(^^)

今の仕事に就いてから、変わったことがあります。

それは、現実逃避をしなくなったこと。厳密に言うと空想癖はなくなってないのでしてないわけではないんですが、決定的に違うのは、現実の方が面白いようになってきたこと。つまり逃避する必要がなくなってきたようなんです。

だから、空想を楽しむのは本当にヒマなときだけになりました。WEBサイト巡りも、習慣になっているところはいきますけど、特にハマる必要もなくなっています。

なんといっても、料理が楽しいと思っていることがある!

これはかなり私にとってはインパクト大です。

「あ〜、今日もやし食べちゃわなきゃ〜。肉もあったから炒めて食べるか〜。そうだキャベツも入れよう〜。あ〜おいしそう〜食べたい〜早く帰って作ろ〜」

↑こんなかんじ。作ってるときも、なんだかやってることに集中してます。今野菜を洗っている、肉を切っている、そんなことを正面から受け止めて(なんか大げさ・・・(^^;)、しっかり感じ取っているんです。

一年前には料理中に幽体離脱しかけてましたよ?まったく集中してませんでしたよ。

すごい変化なんです、これ。

今が楽しめるようになってきたようです。面白いとか、楽しいとか、ワクワクするとか、そういうポジティブな感情が増えてきました。

子供に対して怒鳴ったりすることはまだまだあるけど、子供に対して非を認めることが怖くなくなってきました。ぱっと「今こんな気持ちだろうな、嫌だろうな」なんて思い浮かぶことがあって、そうすると自分の気持ちを譲ることができるみたいです。と同時に、やっぱり非を認められなかったのは恐怖心からだったんだとか、いかに自分に余裕がなかったのかにあらためて気付いたりしています。



安心感ってここまで人を変えるんだなあと思います。

多少のことで動じないタイプの人は、安心感がしっかり身に付いているんでしょうね。私の安心感はまだまだ職場に左右されるくらいだから、身には着いてないもので、外に頼ってるってことは自覚していますが、最初はみんなそうなんでしょうから、これから少しずつ自分の中に育てて行きたいです。

今は、自分の中に出来たこの少しの気持ちの余裕を、大事にしていたい。

私の居場所を提供してくれた職場に、それから、自分が居場所だと思える場所を探し当てることのできた幸運に感謝を。

そしてその幸運に辿り着けた自分も、がんばった。
posted by 蝉ころん at 00:17| Comment(8) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

さらに一週間

こんばんは。週末ブロガーです。(^^;

最近、元夫がほっぽり出して行った物たちがかなり気になるようになってきて、大掃除名目に処分してやろうと目論んでいます。

なんだか恋人が出て行ったあとに持ち物を処分するとかいう内容の歌があったなあなんて、笑っちゃいます。まあ状況は全く違ってて邪魔なだけなんですけどね。(--;

「なんでいつまでもおっさんが選んだ好きじゃないの使ってるんだろ?」
「ここはこんなふうな棚おきたいのにおっさんの机ジャマー!」

こんな感じ。

物に罪はないし・・・とか、子供も思い出があるだろうし・・・なんて、面倒くさいのも相まって放置してきましたが、はっきりいって場所がもったいない!私の嫌いな物のためにスペースを使っていることに納得がいかない!だいたいなんでようするにおっさんが捨てて行った物を私が大事に保管しておいてやらにゃならんのさ。

さっさときれいさっぱりして好きな物に囲まれて暮らしたいんだー!・・・まだ好きな物を揃える金はないけどな!

熱い想いとともにすぱっと大ゴミになっていただこうと思います。合唱。



なんか題名とは全く関係のないお話になってしまったので仕事の方の近況も。

仕事はえっちらおっちら足を引っ張りながら(^^; 続いております。仕事はまだなれないけど、人間関係はかなり馴染みました。仕事ができない方がコミュニケーションが必要になるから人間関係が早く作られる・・・という気がしましたよ。
posted by 蝉ころん at 23:19| Comment(3) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

一週間経過

こんにちは。(^^)

今の会社に就職してから一週間が経ちました。

思っていたよりフレンドリーな感じで、いい雰囲気の職場でした。ただかなり仕事としては厳しい・・・ついて行けるかか〜な〜り不安です。たぶん、この年まで仕事していれば身に付いているはずの基本的なことが出来てないからなんでしょうね。でも、できないものとして採用しているということなので、試用期間にどれだけ成長できるかが鍵だと思っています。

試用期間3ヶ月・・・正月休み挟むから1週間短くなって・・・どれだけ頑張れるかしら。

でもついていきたい!頑張りたい!

頑張りたい気持ちがあるうちは頑張ろうと思います。あと一つ決めていることがあって、ついて行けなくて悲しくなったら、勝手に辞めることにしないでちゃんとついていけないって相談してみようと思っています。今までの職場では相談しても無駄な人たちなのがハッキリしてたから何も言わなかったけど、きっと相談することも意味があるはず。打ち明けるのって怖いですが、そこを乗り越えたいなと思います。たぶん、そんな場面が出てくる気がするので。

とにかくここで続けられるといいな、って思える職場です。

この一週間、ものすごい忙しい感じで、バタバタとあっという間でした。でも、あっという間だったのにまだ一週間しか経ってないの?っていう感覚もあって、不思議です。体感は1ヶ月くらい過ぎているような感じがあるんですが・・・。あっという間なのに長く感じている?時間の感覚って、不思議ですね〜。



そうそう、落ち着いたら「モラのいない日々」をそろそろ書けるかな〜と思っています。企画からどれだけ経ってんねん!って感じですがまたお付き合いくださいね。
posted by 蝉ころん at 17:00| Comment(2) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

決まった!・・・けど

長いこと放置していてすみません。(^^;

やっと就職決まりました。

しかししかし、希望の職種にも関わらずものすごい緊張と恐怖が襲ってきています。

厳しそうな上層部に現実的な現場環境っぽいけど、働く人に取っては理想的な環境を提供してくれそうな、雰囲気に満ちているのに・・・なぜこんなに怖いのか。

ここはたぶん、モラ環境ではない。世に言うモラと亭主関白の違いのような、そんな感じがします。

私はここで受け入れられたい。

その気持ちが、恐怖を生んでいるようです。

もし受け入れられなかったら。私が、自分に一番向いていると思っている分野で、評価されなかったら。

まだまだ他人の評価が必要な自分を実感しています。

ここのところブログがかけていなかったのも、採用の合否が決まるまで何も手につかなかったからです。子供のときからそう。楽しみにすればするほど、期待すればするほど何も出来ない。声が出ない、自分が出せない、思い切りやれない。そしていつも結果は落胆することばかり。



でもこんな生き癖はもう嫌です。

やってみよう。きっと大丈夫だよ。自分で満足できたらそれでいいじゃない。怖くてもいいよ。私は何も変わらない。ただ私がやってみたいようにやってみようよ。私はどんなふうに生きたいの?

まだ怖いです。すっごく怖いです。でもやってみたい。やってみたいなら、やってみよう。やってみたいことをやってみたら、誰も認めてくれなくてもきっと私は嬉しいよ。

月曜日から現場です。
posted by 蝉ころん at 11:04| Comment(5) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。