2007年11月14日

悲しみと怒り

なつ草さんのブログで怒りについての覚え書き記事を書かれています。

記事を読んで悲しみと怒りの違いについて思いついたことから、考察してみました・・・。あくまで私個人はこんなふうに捉えてみた、ってことなので、話半分、いや4分の1くらいで読んで下さい。(^^;;

=====================================

悲しみと怒りは、元となるきっかけがどうも違うらしい。

悲しみ・・・こうであって欲しかった、でもそうならなかった。
      希望が叶えられなかったときの感情

怒り ・・・こうであるべきのことが、そうならなかった。
      義務が果たされなかったときの感情

なのかな、と思った。

悲しみは、自分の希望のみの問題だから、伝えられるなら相手に伝えて理解してもらうとか、どうして叶えられなかったかなどを自分で理解したり、慰められるなどで、自力でも他力でも消化できる気がする。それも、悲しみで被害が及ぶのは基本1人、本人だけ。通常他人には影響は及ばない。よほど共感し過ぎる人や、罪悪感を持ちやすい人などは影響されるかもしれないけど、悲しんでいる人が押し付けたものじゃない。

怒りの場合は、義務が「正常」に果たされた場合は収まる。ただ、正常に、というのも、義務そのものも、怒りを発している人間が規定するので、周りの努力で怒りが収まるとは限らないし、周りに向けている物だけに本人にも怒りをおさめられない。



怒りの原因となっている「義務」の規定を根本から消し去ることができれば、「義務」を「希望」へと変更することができれば、怒りの発生を抑えることができるんだろうか。でもこの「義務」は怒る本人が規定しているものだから、本人が納得しなければ消したり変えたりなんてできないだろうし、他人からの働きかけで怒りを抑えるのは難しい気がする。さらに怒りの向いている相手からの働きかけとなると、「義務」を放棄したいからの言い訳ととられて逆効果になるだろうと思う。

怒りを発するハラッサーを、被害者が改心させようというのはやっぱり難しいのか。

ハラッサーが自分から、または、ハラスメントの対象となっていない人物からの指摘で、ハラスメント行為を自覚し、自分の中に根付いた「義務」を問題視しない限り、改善は難しいものなんだろうなと思った。



悲しみは、自分の欲求が元なので、感情を収めてあげれば自分で消化させることができる。

怒りは、欲求や感情を正当化するために意味付けして理論武装したものが元になっているだけに、つい理論で打ち負かそうとしてしまう。でも根っこは深層心理の正当化なので、破綻しようがなんだろうがいくらでも理屈を変えて対抗してくるだけで、怒りが収まることはない。まずは本人に根本の感情に気付いてもらわなければいけないということか。

それを被害者からのアプローチによって成し遂げる方法があるのかどうか。

私なら、怒りの頂点にいる時、子供からなんと言われたら我に返ることができるだろう・・・。

ひょっとしたら、子供の前で泣いたらいけない、という気持ちが、感情を抑えることにつながって悲しみを怒りにしてしまっているのかもしれない。怒りから我に返ったら悲しくなることが多いし。

そういえば「泣いたらいけない」も義務だし・・・。

とりあえず今日はここまでで。
posted by 蝉ころん at 23:16| Comment(4) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。