2007年11月07日

働く動機

今日も更新します。時間のあるうちに通勤中に考えていたことを、書き留めておきたいので・・・。



今、私はは生活のために職を探しています。

でも、私はもともと働くことを目標に思って生きてきました。元夫との生活で専業主婦をしているときも、出来ることなら、隙あらば外に出て働きたいと思っていました。

今まで、私が働きたいのは実家から逃れて私1人で生きるために必要だからだと、そんなふうに思っていましたが、働いてみて、そこで得た感覚から、そうではなかったらしいことに気付いてきました。



私は、1人でいると本当に何もしない、だらけた人間です。でも、いざ外に出て人と関わると、全く別人のように動くことができます。自分でもびっくりするほどに。昔は、この、私が動けるときと動けないときの区別がはっきりしていなかったので、「私はいざとなったら動けるんだ」な〜んて考えていましたが、実はそんなことはありませんでした。

離婚に際して、元夫が家を出てからのだらけっぷりといったらそれはもうすごいものです。離婚のためにしなければいけないことのもろもろが、全く手につかない。最初はうつがあるから、と思っていましたが、そうでもない。いざとなっても動けないことがはっきりしました。(^^;

どうも、私は自分のためのことには手がつかないようなのです。

外に出て、働いているとき、誰かの役に立つことをしているときは、ものすごく身体が動きます。

これ、「人のためになることがしたい」とか「人の役に立つことが好き」なんてものじゃありません。私は、「自分の仕事っぷりを見てもらうのが好き」なんです。それで話のネタになったり、褒められたりするのが嬉しいんです。

ようは、「私を見て欲しい」

それだけ。(注目されたくてアイドルを夢見る小学生みたいな・・・)

家の中で、1人で、子供しか住んでいない(または仕事ぶりでなく惨状しか目に入らない元夫がいる)家を管理しても、誰も見てくれないし、褒めてもくれない。話題にさえ上らない。私がしたことは、私がそこに存在したことは、まるで意味のないことのように、もともとなかったことのように、ただ通り過ぎていくのです。それは実家でも同じでした。私はそれが嫌だし、怖いんです。

私は、私が存在している意味が欲しい。私がいることを認識して欲しい。

私の働く意味は、そんなところにあるようです。

今回辞めた職場では、そういう経験ができました。特に無理をして限界以上の力を出さなくても、仲間に認めてもらえた感触がありました。

外に出れば、私の働きを認めてくれる人がいる。私を役に立つ人間と思ってくれる人がいる。私は役に立ちたいんでなく、役に立つと思われたい、役に立つと言って欲しいだけなんです。



若い頃働いていたところで、私が教育係となって新人の面倒を見ていたときにこんなことがありました。その相手が壁にぶつかっていて、「アドバイスもできるけど、自分の力で乗り越えられそうだからあえて言わないでおこう」と思っていたことを、その後他の誰かが教えていて、「教えてもらったんです」と報告された時、すごい怒りが沸きました。

その時は、「自力で乗り越えられた方が本人のためなのに」という怒りのつもりでいましたが、ほんのささいなことなのに、怒りは尋常ではありませんでした。

「私だって教えることができた」はずで、「私が受けるはずだった賛辞」を他人が受けていたことが許せなかったんです。また、その相手が自力で出来たことを一緒に喜びたかったのにそれを潰されてしまったという面もあります。私の存在意義を奪われたことへの怒りだったんだと思います。こんな怒りをぶつけられる方はたまったもんじゃないですね。いや、さすがに当時もぶつけてませんけど。(^^;



自分の動機と欲求がわかったから、これから働くことで少しずつ満たしていけたらいいなと思います。子供たちは私の存在を認めてくれる存在ではあるけれど、私の成したことを破壊する存在でもあるし、それに子供への依存は極力なくしたい。私自身が子供たちの存在を認める存在になりたい。そのために私にはやっぱり外での仕事が必要です。欲求を満たすことのできる職場を選ぶことが大事ですね。生活もかかってますが、やっぱり幸せにもなりたいですから!

そして欲求が満たされていったら、本当に私がしたいことも見えてくるかなあ・・・なんて期待もしています。(^_^)
posted by 蝉ころん at 14:35| Comment(6) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。