2007年11月05日

案外ゆるくても大丈夫

かなり無茶な題ですが。

働いてみて、また、離婚に際していろいろと手続きなどで外部と関わった経験で。世の中は、私が恐がっていたほどキツいところではないんだなあと実感しています。

こんなこと、モラの耳に入ればどれだけの非難を浴びせられるかわかりませんが。(^^;

まだまだモラの言葉にいちいち意味を感じてしまうと、傷ついたり自分の無能に落ち込んだりしてしまいがちです。でも、モラの言動を除外してしまえば、世の中はそんなに冷たいところじゃない。助けを求めれば助けてくれる人たちはいるし、声を出せば聞いてくれる人もいる。

私は今まで、聞いてくれない人にばかり声を発していて、聞いてくれないことを自分の責任と思い込んでいたけど、聞いてくれる人に向けて話せばよかったのかあ・・・という感じです。


小さいころから、チャンスは一度しかない、遅れたら取り返しがつかない、出来なかったら、忘れたらそこでアウト、という生活をしてきたので、変に諦めが良かったり、自分が責任をかぶればそれでいいや、っていう冷めた考え方になっていて、全部自分の中だけで解決してしまって助けを頼むことなく生活してました。

失敗しないために最初からしないとか、一度自分でやってできなかったらもうしないとか。

一度しかないなんてことない。少しくらい遅れても実はなんてことない。誰かに助けてもらってもいい。簡単に諦めなくていい。失敗したっていい、間に合わなくたっていい、何回だってやり直していい。

一回で完璧にできることは、当たり前じゃなくって、本当はなかなかできないすごいこと。そんなすごいことをいつでも誰でもできるなんて、そんなわけない。

出来るのが普通なんじゃなくて、出来ないのが普通。

だんだん出来るようになっていくもの。それでいい。

世の中は、実はそれが普通。もちろんそれに甘えて成長しないでいいわけじゃない。でも、一回で完璧に、なんて、やっぱり極端だし無理。無理しないでいいよ。自然にいこ。自然にしていれば、ちゃんと身に付くし、成長するようにできている・・・。そんな風に実感しているこのごろです。
posted by 蝉ころん at 13:52| Comment(5) | 本日の肯定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また就活

こんにちは。お久しぶりです。(^^

また仕事辞めました。というか今度は辞めさせられたんですけどね。上層部が人を道具としか思ってないところだったので、むしろこっちから言い出さないでも辞めさせてもらえてラッキーでした。ここは上はモラ、下はハラレルの集合体って職場でしたよ。上にモラがいるとやっぱりハラレルかモラしか残らないんですね・・・。

これで2社辞めてる訳ですが、今のところ、辞めた職場でも辞めさせられた職場でも、何か自分にプラスになることを得て出てきているので、あんまり悲壮感は持ってなくて、逆に自信を付けて出てきてる感じです。

辞めるべき職場だと判断して見切ることができたし、あと、職場経験も積めて、自分なりに仕事ができる実感もてたから。やっぱり経験してみるって大事ですね。今回は特に、上からは「使い物にならねえ」判定出されてても、自分では「いやそんなことはない、これだけ出来ていれば通常なら先を見て使ってもらえるはず」という客観的な視点を持ち続けていられて、変に無理せず「これで辞めさせるというなら辞めた方がいい」って判断できました。

こう書くとなんかえらい自信家みたいですけど特段仕事能力高い訳ではありません。(^^; 普通雇う側の立場ならこの程度で辞めさせないだろ?この程度で辞めさせるような雇い主に雇われてたってあといいことないだろ?って感じかな。モラ上司の下で働くことがどういう結果になるかは痛いほどわかってますしね。せっかく身に付いたモラ感知センサー、有効に使いますよ。(^^)v


なもので今週からまた無職。既に1社面接は受けていて、通知待ちです。今度は仕事内容が私の好きな分野のもので、現場の人もいい人そうなので是非働きたいな〜と思ってるのでかなりどきどきです。でもこういうときって往々にして落ちるんですよね・・・(-_-; 次も探しつつ待とうと思います。

頑張りますよ〜!
posted by 蝉ころん at 10:22| Comment(4) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。