2007年11月14日

悲しみと怒り

なつ草さんのブログで怒りについての覚え書き記事を書かれています。

記事を読んで悲しみと怒りの違いについて思いついたことから、考察してみました・・・。あくまで私個人はこんなふうに捉えてみた、ってことなので、話半分、いや4分の1くらいで読んで下さい。(^^;;

=====================================

悲しみと怒りは、元となるきっかけがどうも違うらしい。

悲しみ・・・こうであって欲しかった、でもそうならなかった。
      希望が叶えられなかったときの感情

怒り ・・・こうであるべきのことが、そうならなかった。
      義務が果たされなかったときの感情

なのかな、と思った。

悲しみは、自分の希望のみの問題だから、伝えられるなら相手に伝えて理解してもらうとか、どうして叶えられなかったかなどを自分で理解したり、慰められるなどで、自力でも他力でも消化できる気がする。それも、悲しみで被害が及ぶのは基本1人、本人だけ。通常他人には影響は及ばない。よほど共感し過ぎる人や、罪悪感を持ちやすい人などは影響されるかもしれないけど、悲しんでいる人が押し付けたものじゃない。

怒りの場合は、義務が「正常」に果たされた場合は収まる。ただ、正常に、というのも、義務そのものも、怒りを発している人間が規定するので、周りの努力で怒りが収まるとは限らないし、周りに向けている物だけに本人にも怒りをおさめられない。



怒りの原因となっている「義務」の規定を根本から消し去ることができれば、「義務」を「希望」へと変更することができれば、怒りの発生を抑えることができるんだろうか。でもこの「義務」は怒る本人が規定しているものだから、本人が納得しなければ消したり変えたりなんてできないだろうし、他人からの働きかけで怒りを抑えるのは難しい気がする。さらに怒りの向いている相手からの働きかけとなると、「義務」を放棄したいからの言い訳ととられて逆効果になるだろうと思う。

怒りを発するハラッサーを、被害者が改心させようというのはやっぱり難しいのか。

ハラッサーが自分から、または、ハラスメントの対象となっていない人物からの指摘で、ハラスメント行為を自覚し、自分の中に根付いた「義務」を問題視しない限り、改善は難しいものなんだろうなと思った。



悲しみは、自分の欲求が元なので、感情を収めてあげれば自分で消化させることができる。

怒りは、欲求や感情を正当化するために意味付けして理論武装したものが元になっているだけに、つい理論で打ち負かそうとしてしまう。でも根っこは深層心理の正当化なので、破綻しようがなんだろうがいくらでも理屈を変えて対抗してくるだけで、怒りが収まることはない。まずは本人に根本の感情に気付いてもらわなければいけないということか。

それを被害者からのアプローチによって成し遂げる方法があるのかどうか。

私なら、怒りの頂点にいる時、子供からなんと言われたら我に返ることができるだろう・・・。

ひょっとしたら、子供の前で泣いたらいけない、という気持ちが、感情を抑えることにつながって悲しみを怒りにしてしまっているのかもしれない。怒りから我に返ったら悲しくなることが多いし。

そういえば「泣いたらいけない」も義務だし・・・。

とりあえず今日はここまでで。
posted by 蝉ころん at 23:16| Comment(4) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

挨拶について

るんたさんから頂いたコメントに触発されたので挨拶について。(^^

「おはよう」は、「私はここにいるよ」っていう存在を示す言葉だと、るんたさんのお言葉です。そうですよね、声を発することで注意を引いて、ほら、いるよ、って示してるんですね。

それから、「あなたもそこにいるね」って意味もあるんですよね。相手がいるのが分からなければ挨拶なんてしませんから。自分と相手の存在を認めるのが挨拶だなあ・・・って思いました。だから挨拶して返事が返ってくると嬉しいんですね。



でもこれも、使いようによっては・・・

・顔を見ずに挨拶する
・不機嫌に挨拶する
・自分からは挨拶しない
・挨拶も返事もしない

こういうことしてるとマイナスになっていきますね。

顔を見ないで挨拶は、忙しいときは仕方ないこともありますけど、毎回となると、惰性で声を出してるだけで相手の存在を認めているとは思えませんし。不機嫌な挨拶って、挨拶するの面倒みたい。声かけて悪かった?って思っちゃいますよねえ。必ず相手から挨拶してもらって自分から挨拶しない人は、自信のなさからくるものだと思いますけど、すごく受け身ですよね。さらに返事もしない人となると、もうすっかり閉じこもっちゃってて、どんどん人との接触が無くなっていきそう・・・危険です。

こういうマイナスの挨拶になっちゃう状態って、なんだか余裕ないですよね。自分のことで手一杯な感じがして、自分がその立場だったらと想像すると辛いです。こういう状態から、普通の挨拶ができるようになれたらいいのになって思います。もっと進んで、プラスの挨拶が出来るようになれたらもっとすごい。



プラスの挨拶って、やっぱり笑顔で相手の顔を見て。

「あなたに会えて嬉しい」
「あなたがいてくれて嬉しい」

そんな気持ちがこもった挨拶ですね。

私はまだまだこの挨拶をもらう側です。私から嬉しくて笑顔でって、まだあんまり経験がないです。とりあえず会ったから挨拶してるだけかも・・・。まだ余裕ないです。

でも・・・会えて嬉しい気持ち・・・あるなあと思うんです。だから、それを出せるようになりたいです。それから、会えて嬉しい気持ちをちゃんと受け取りたい。せっかく笑顔で挨拶してくれてるのに、こっちは挨拶を返すことで手一杯で、気持ちを受け取ってなかった気がします。

ああもったいない。

お日様の光に気持ちよくあたるように、相手の笑顔を気持ちよく受けられるような、余裕のある私になりたいなあ。そしたら、自分からも無理矢理笑顔じゃなくて自然に嬉しい笑顔ができるかな。

そんな挨拶がしたいなあと思いました。
posted by 蝉ころん at 10:45| Comment(0) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

働く動機

今日も更新します。時間のあるうちに通勤中に考えていたことを、書き留めておきたいので・・・。



今、私はは生活のために職を探しています。

でも、私はもともと働くことを目標に思って生きてきました。元夫との生活で専業主婦をしているときも、出来ることなら、隙あらば外に出て働きたいと思っていました。

今まで、私が働きたいのは実家から逃れて私1人で生きるために必要だからだと、そんなふうに思っていましたが、働いてみて、そこで得た感覚から、そうではなかったらしいことに気付いてきました。



私は、1人でいると本当に何もしない、だらけた人間です。でも、いざ外に出て人と関わると、全く別人のように動くことができます。自分でもびっくりするほどに。昔は、この、私が動けるときと動けないときの区別がはっきりしていなかったので、「私はいざとなったら動けるんだ」な〜んて考えていましたが、実はそんなことはありませんでした。

離婚に際して、元夫が家を出てからのだらけっぷりといったらそれはもうすごいものです。離婚のためにしなければいけないことのもろもろが、全く手につかない。最初はうつがあるから、と思っていましたが、そうでもない。いざとなっても動けないことがはっきりしました。(^^;

どうも、私は自分のためのことには手がつかないようなのです。

外に出て、働いているとき、誰かの役に立つことをしているときは、ものすごく身体が動きます。

これ、「人のためになることがしたい」とか「人の役に立つことが好き」なんてものじゃありません。私は、「自分の仕事っぷりを見てもらうのが好き」なんです。それで話のネタになったり、褒められたりするのが嬉しいんです。

ようは、「私を見て欲しい」

それだけ。(注目されたくてアイドルを夢見る小学生みたいな・・・)

家の中で、1人で、子供しか住んでいない(または仕事ぶりでなく惨状しか目に入らない元夫がいる)家を管理しても、誰も見てくれないし、褒めてもくれない。話題にさえ上らない。私がしたことは、私がそこに存在したことは、まるで意味のないことのように、もともとなかったことのように、ただ通り過ぎていくのです。それは実家でも同じでした。私はそれが嫌だし、怖いんです。

私は、私が存在している意味が欲しい。私がいることを認識して欲しい。

私の働く意味は、そんなところにあるようです。

今回辞めた職場では、そういう経験ができました。特に無理をして限界以上の力を出さなくても、仲間に認めてもらえた感触がありました。

外に出れば、私の働きを認めてくれる人がいる。私を役に立つ人間と思ってくれる人がいる。私は役に立ちたいんでなく、役に立つと思われたい、役に立つと言って欲しいだけなんです。



若い頃働いていたところで、私が教育係となって新人の面倒を見ていたときにこんなことがありました。その相手が壁にぶつかっていて、「アドバイスもできるけど、自分の力で乗り越えられそうだからあえて言わないでおこう」と思っていたことを、その後他の誰かが教えていて、「教えてもらったんです」と報告された時、すごい怒りが沸きました。

その時は、「自力で乗り越えられた方が本人のためなのに」という怒りのつもりでいましたが、ほんのささいなことなのに、怒りは尋常ではありませんでした。

「私だって教えることができた」はずで、「私が受けるはずだった賛辞」を他人が受けていたことが許せなかったんです。また、その相手が自力で出来たことを一緒に喜びたかったのにそれを潰されてしまったという面もあります。私の存在意義を奪われたことへの怒りだったんだと思います。こんな怒りをぶつけられる方はたまったもんじゃないですね。いや、さすがに当時もぶつけてませんけど。(^^;



自分の動機と欲求がわかったから、これから働くことで少しずつ満たしていけたらいいなと思います。子供たちは私の存在を認めてくれる存在ではあるけれど、私の成したことを破壊する存在でもあるし、それに子供への依存は極力なくしたい。私自身が子供たちの存在を認める存在になりたい。そのために私にはやっぱり外での仕事が必要です。欲求を満たすことのできる職場を選ぶことが大事ですね。生活もかかってますが、やっぱり幸せにもなりたいですから!

そして欲求が満たされていったら、本当に私がしたいことも見えてくるかなあ・・・なんて期待もしています。(^_^)
posted by 蝉ころん at 14:35| Comment(6) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

残りの問題

最近はずいぶんと落ち着いた記事を書けるようになって、ここを読んでくれている方にも私がかなり落ち着いたんじゃないかと思われているかなあ・・・と思いつつ書いています。

実際、元夫から受けたモラハラの影響は、かなり抜けてきたかなとは思っています。自信もだいぶ回復したし、状況判断もそれなりにできるようになって、遅々としながらも日常を回せるようになりました。

元夫と関わることには凄まじい抵抗を感じますが、それはもう、当然のこととして気にしていません。ハラッサーと分かっている人間、しかも今もなお私をターゲットにしていることが分かっている人間と関わるのに抵抗があるのは自然なことだから。

そういうわけで、結婚生活で受けた影響はもうあまり気にしていませんが・・・。



やっぱり出てきたな、というのが子供との関係。私の「加害者」側面が顔を出してきたと思います。

まず私が私自身を解放して、しっかり自分に許しを与えてやらないと、子供に対する縛りを解くことができないらしい・・・と感じています。成育過程で自分で自分を縛ってきたから、「子供の私」を納得させるために子供たちまで縛っている。

でも今はまだ、私を解放する時期じゃないとも思っています。まだ生活が安定していない。職が安定していない。今、それなりに社会人としての私が安定しているうちに生活を落ち着けて、基盤が出来てから。それからじっくり向き合いたいなと思っています。今ほじくると一遍に今の状況に対する不安とかまで出てきそうだから。

子供との関係はだましだましでちょっと棚上げ。忘れないようにはしたいです。
posted by 蝉ころん at 10:22| Comment(0) | 今の私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

案外ゆるくても大丈夫

かなり無茶な題ですが。

働いてみて、また、離婚に際していろいろと手続きなどで外部と関わった経験で。世の中は、私が恐がっていたほどキツいところではないんだなあと実感しています。

こんなこと、モラの耳に入ればどれだけの非難を浴びせられるかわかりませんが。(^^;

まだまだモラの言葉にいちいち意味を感じてしまうと、傷ついたり自分の無能に落ち込んだりしてしまいがちです。でも、モラの言動を除外してしまえば、世の中はそんなに冷たいところじゃない。助けを求めれば助けてくれる人たちはいるし、声を出せば聞いてくれる人もいる。

私は今まで、聞いてくれない人にばかり声を発していて、聞いてくれないことを自分の責任と思い込んでいたけど、聞いてくれる人に向けて話せばよかったのかあ・・・という感じです。


小さいころから、チャンスは一度しかない、遅れたら取り返しがつかない、出来なかったら、忘れたらそこでアウト、という生活をしてきたので、変に諦めが良かったり、自分が責任をかぶればそれでいいや、っていう冷めた考え方になっていて、全部自分の中だけで解決してしまって助けを頼むことなく生活してました。

失敗しないために最初からしないとか、一度自分でやってできなかったらもうしないとか。

一度しかないなんてことない。少しくらい遅れても実はなんてことない。誰かに助けてもらってもいい。簡単に諦めなくていい。失敗したっていい、間に合わなくたっていい、何回だってやり直していい。

一回で完璧にできることは、当たり前じゃなくって、本当はなかなかできないすごいこと。そんなすごいことをいつでも誰でもできるなんて、そんなわけない。

出来るのが普通なんじゃなくて、出来ないのが普通。

だんだん出来るようになっていくもの。それでいい。

世の中は、実はそれが普通。もちろんそれに甘えて成長しないでいいわけじゃない。でも、一回で完璧に、なんて、やっぱり極端だし無理。無理しないでいいよ。自然にいこ。自然にしていれば、ちゃんと身に付くし、成長するようにできている・・・。そんな風に実感しているこのごろです。
posted by 蝉ころん at 13:52| Comment(5) | 本日の肯定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また就活

こんにちは。お久しぶりです。(^^

また仕事辞めました。というか今度は辞めさせられたんですけどね。上層部が人を道具としか思ってないところだったので、むしろこっちから言い出さないでも辞めさせてもらえてラッキーでした。ここは上はモラ、下はハラレルの集合体って職場でしたよ。上にモラがいるとやっぱりハラレルかモラしか残らないんですね・・・。

これで2社辞めてる訳ですが、今のところ、辞めた職場でも辞めさせられた職場でも、何か自分にプラスになることを得て出てきているので、あんまり悲壮感は持ってなくて、逆に自信を付けて出てきてる感じです。

辞めるべき職場だと判断して見切ることができたし、あと、職場経験も積めて、自分なりに仕事ができる実感もてたから。やっぱり経験してみるって大事ですね。今回は特に、上からは「使い物にならねえ」判定出されてても、自分では「いやそんなことはない、これだけ出来ていれば通常なら先を見て使ってもらえるはず」という客観的な視点を持ち続けていられて、変に無理せず「これで辞めさせるというなら辞めた方がいい」って判断できました。

こう書くとなんかえらい自信家みたいですけど特段仕事能力高い訳ではありません。(^^; 普通雇う側の立場ならこの程度で辞めさせないだろ?この程度で辞めさせるような雇い主に雇われてたってあといいことないだろ?って感じかな。モラ上司の下で働くことがどういう結果になるかは痛いほどわかってますしね。せっかく身に付いたモラ感知センサー、有効に使いますよ。(^^)v


なもので今週からまた無職。既に1社面接は受けていて、通知待ちです。今度は仕事内容が私の好きな分野のもので、現場の人もいい人そうなので是非働きたいな〜と思ってるのでかなりどきどきです。でもこういうときって往々にして落ちるんですよね・・・(-_-; 次も探しつつ待とうと思います。

頑張りますよ〜!
posted by 蝉ころん at 10:22| Comment(4) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。