2007年07月29日

悩む権利

なんだかすっかり週一更新になってますが。(^^;

最近子供と関わっていて思うことです。

すぐ答を渡してしまうなあって。

もっと悩んでいいんじゃないか。もっと挫折していいんじゃないか。最初はそのくらいに思ってました。

でも今は、もっと悩む権利がある。もっと挫折してのたうち回る権利がある。もっと苦しむ権利がある。

そんなふうに思うんです。

悩んで苦しんで挫折して、それでようやく自分なりの答を見つける。そういうことを、させてやれてるかなって。子供たちの答を見つける権利を妨げてないかって。

親になっちゃうと、ついつい苦しませたくない、って気持ちが先に立って、簡単に答を渡してしまうけど、そうするのは本当に子供のためになってるのかな?と思います。

もちろん場面にも、問題にもよりますが。

私自身、こうして夫との関係をずっと振り返って悩み続けてきて、いろんな人にヒントを貰いながら答を見つけてきて、結局は誰かが言っていたことと同じ結論だったってことばかりですが。

だからって、じゃあ最初からその人の話を受け入れてればよかったか、っていうとそうではない、やっぱり自分なりの道程を通って得た答だからこそ、心から納得もできたんだと思ってます。

答だけもらっても、ダメなんですよね。納得いかないんです。

それを、子供相手だとポンポンやってしまいます。こうやったら早いんだから、つべこべ言ってないでさっさとしてー!ってのが本音ですが。(^^;

でもやっぱり子供たちも納得いってないんですよね。そのうち自分で同じ答に辿り着いて、初めて知ったかのように報告してくることもありますし。全く身に付いてなかったんだってのがわかります。

自分で頑張って得たことって、人にもらったことよりインパクトがあるようですね。



そうして考えてみると、今の社会って、社会に出るまでほとんどの場面で答が用意されていることばかり。

学校だって、授業で考えて身につけなくても教科書を見れば答が出てるし、電化製品には取扱説明書とともに細かい注意書き。おもちゃにだって説明書が付いてますね。そして危ないところは全部子供が危険を感じるより前からとっくに立ち入り禁止だし。遊びに行くにも、そうそう1人で小さい子供を外に出せるような社会じゃなくなってきましたから、親が付いていくでしょう?そうするとやっぱり親は口うるさくしちゃいますから。

水泳の授業で、水に慣れる体験よりも先に泳ぎ方という答を教わるような感じ。

大人が余裕がないんですよね。

これだけは出来るようにさせなければいけない。
いついつまでに終わらせなければいけない。
ここでケガされるわけにはいかない。
悲しい思いをさせてはいけない。

先を考え過ぎるんでしょうか。ここでこうなったらこうなってしまう、って、見えちゃうから手を出さずにいられなくなっちゃうんですね。

でも、そこで選んだ結果を体験するっていうのも権利の一つなんじゃあないのかって気がするんです。苦しくても、悲しくても、怒りが沸いても、それを体験するのはとても貴重なことなんだって。

私は母が変に気をきかせたおかげでおばあちゃんのお葬式に出られなかったんですが、それはかなりショックなものでした。区切りがつけられない、悲しむこともできない、やり場のない感じ。

そういう、なにかモヤモヤしたものをたくさん残させてしまってる気がします。

もっと余裕のある大人になりたいなあ。先が見えているんだから、その予測をうまくつかって自分の対応を考えておくとか、そういうふうに使えないかしら。

後ろには私って母親が控えてるんだよ。いくらでも悩んで考えてていいんだよ。どうしようもなくなったら頼ってきたらいいよ。ちゃんとお母さんはここにいるよ。

そういう姿勢で見守れたらいいなあ・・・。

難しいことではありますが。

一歩引いて全体を見ながら、本当に子供が答を求めているのか?って、せめてそのことは考えられたらいいんじゃないかな、と思うのです。

余裕のある時に少しずつですね。
posted by 蝉ころん at 00:46| Comment(5) | 子育て関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。