2007年05月14日

子供を諦める覚悟

私が、決断した、心は決まった、と何度も言いながら、後は準備をしないと・・・と言い訳がましくこの家から出られない理由があります。

子供です。

子供を連れて出る、それくらいのことはできる自信があります。

問題はその後。

「お父さんの方が良かった」

そういわれることに耐えられないという予感があったのです。GW前半の、子供が夫にベッタリになった時の私の精神状態で、それがはっきりしました。

そして、私が娘に依存していることをはっきり自覚したあと、認めることができたことがあります。

私が、子供を信頼していなかったということ。

子供たちが、夫の元に残る結果になったとして、それで一生会えなくなるとか、子供たちが歪んで育ってしまうとか・・・。今までそう思って、私から話すわけにはいかないと思い込むようにしてきたけど。

私が育てても、夫が育てても、実はそう変わらないんじゃないか・・・。

そう思うようになってきました。

子供たちにも、自分で自分の人生を生き抜く力が備わっている。私はそれを信じていなかったんです。

もし離れて暮らすことになっても、私がしっかり子供たちを信頼して、子供たちとのつながりを絶たず、私自身がきちんと自立して生きていれば、私が必要ならば私を頼ってくることもできる。

傷つけるだろう。恨まれるかもしれない。私はそれが耐えられないんです。お母さんのせいでお父さんと一緒に暮らせなくなったと言われることが。思われることが。



子供を手放したいわけじゃない。でも、夫と別に生きることを望む限り、子供と離れて暮らすことになる可能性はなくならない。子供に恨まれる可能性も消えない。

この事実を受け入れて、前向きに向き合うことができるようになったら、やっと私は進めるんだと、思います。

恨まれても、会えなくなっても、子供たちはしっかり生きていける。私もきっと、なんとか生きていける。きっと子供たちにも私自身にもものすごい傷になる。それでもきっと、乗り越えられる力を持っている。それを信じられるようになるまで。もう少し時間が欲しい。

自分が子供たちに傷つけられたと言われて傷つきたくないから、だから夫に傷つけられるままでいる・・・今の私の状態です。
posted by 蝉ころん at 12:00| Comment(5) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。