2007年05月24日

逃避人生

私は感情移入が激しいと前に書いたことがあります。

それが、感情移入どころではなかったんだと、先日気が付きました。

よく、映画なんかを見た後、なりきっている人がいますよね。私はそういうのがもっと酷いのです。漫画でも、小説でも、テレビでも、すぐその人物像の考え方などを映してしまいます。最近は「あ、また連れてきちゃった」って気付く感じです。

これも、小さいころの影響でした。



小学生の頃、私の横には常に友達がいました。私が作り上げた、架空の存在の友達です。

本物の友達はほとんどおらず、クラスの子たちに「バイキン」扱いされていた私にとって、唯一気を許して話の出来る存在は、その架空の友達だけでした。

私はずっとその透明の友達と、音を立てずに会話し、遊び、悩みを相談していました。

辛いいじめ体験があっても、仲の良い友達がいなくても、家に帰ってひとりぼっちでも、なんとか学校に行き、日々をやりすごしていけたのは、彼(そういえばいつも男の子でした)のおかげでした。彼は私にとって、ヒーローで、親友で、かけがえのない存在でした。

こんなふうに空想の友達と関わっているうちに、いつしか私とって、空想世界にいる時間の方が現実世界にいる時間より長くなっていきました。

空想の友達を持たなくなった中学以降は、自分自身では成長したつもりでいて、実はもっと重症化していました。架空の存在が1人だけだった小学生時代に対して、中学生のころからは、架空の世界を作り上げるようになっていました。

漫画や小説の影響もあったと思います。だんだんと、空想世界は現実世界からはなれていき、空想世界に入り込んだ私は空想世界の住人として生活するようになっていきました。現実は私にとって蜃気楼のようなものでした。

現実世界へは、空想世界で得た私の人物像を連れて行き、私とは違う、一匹狼で生きていける、強いキャラクターとして作り上げられた別の人格になりきって過ごしていました。

この習慣は、いじめから逃れたはずの高校以降でも続きました。気付くまで。そう、つい最近までです。今でもあります。



私は、私の人生をほとんど自分で生きていなかったんです。

私が決断したつもりになっていたことは、私が作り上げたキャラクターが決断したことでした。

私は私の人生を私のフリをした人物に委ねて、私自身はずっと空想の世界に逃げ込んで、自己満足のカッコいい人生を過ごしていました。

これを逃避と言わずしてなんというのか。私はずっと現実から逃げ回って生きてきたんです。

どうりで現実的な能力が低いわけです。心ここにあらず、が常でした。

空想癖があることは自分でも理解していたんです。それが現実から逃げていることだって、うすうすは感じていたのに、深く追求しようとしませんでした。このことに気付いたとき、かなりキツかったです。でもすごく納得しました。色々なことに。気付けてよかったです。本当に。



子供の頃、この空想力を身に付けたのは、自分を守るために必要だからでした。偉かったなあと思います。おかげで私はここまで生き延びたし、それなりに生活してこれました。

ありがとうね。ずっと私を守ってくれて。

でももういいよね。もうこんなことしなくていいよね。

私は私の人生を、私として生きていいよね。

私は現実を取り戻そうと思います。ときどき、空想世界が懐かしくなっちゃうこともあるだろうけど、でも、自分の力だけでもう生きていけるから。架空の誰かに決断を任せて、自分の気持ちがわからなくなるはもう嫌だから。しっかり実感を持って生きていきたいから。

ひとつ大きな山を越えた気がします。
posted by 蝉ころん at 19:04| Comment(3) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

今週

先週から鼻がぐずぐずしていて、のどが痛んでいる感じで、目がかゆかったんです。

風邪かな?と思ったけど、のどの痛みかたがいつもの風邪の時と違うし、目がかゆいのもなんか違うよなってんで、とうとう花粉症がきたなと。まあいずれはと思ってたし、仕方ないなって、普通にしてました。

そしたら今週、なんだか寒い。でも熱を測っても平熱。

暑くない。外は25度以上あるのになぜかもう一枚着たくなる。でも平熱。

微熱があるときのような体のだるさ。でも眠りたいほどでもないし、平熱。

やる気が出ない。動くと動けるし汗も出る。平熱。

で、今日なんか症状がマシになってきて・・・やっぱり体調崩してたみたいです。(^^;

熱が出てればいつもの風邪なんですけどね。症状だけ見れば。一応やる気が出ない気分に任せてやる気なく過ごしてました。

ひょっとして体弱ってきたかな?とも思ったけど、考えようによっては、今までならもっとひどいことになっていた風邪が、こんなに軽くて済んだってことかもしれないし。

とにかく、熱も出ないで、寝込みもしないですんで、良かったです。(^^
posted by 蝉ころん at 13:14| Comment(2) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

受け入れる・諦める

私自身が子供に向けてしまう激情を分析するようになって、見えてきたこと。

「当たり前のこと」「みんなしていること」「常識だから」「当然」

こんな言葉で納得したつもりになっていたことが、すべて子供たちに向いているということ。

これらの言葉は、自分自身だけで完結できる説明にはなっていないということです。平等だと思うからこそ我慢しているだけで、その平等が幻だったと気付いたとたん、溢れ出すんだと。

私と同じようにモラハラの被害に遭っている人が、過去にも同じようないじめ体験を持っていて、生育環境もむしろ私より過酷で、それでもご自身は加害者にはなっていない、という方がたくさんいらっしゃいます。なぜ私は加害者側にも身を置いているんだろうという疑問がずっとありました。

加害者側にいってしまう人と、いかないでいられる人との違い・・・。

この、押し付けられた役割への納得の仕方に一つ、ヒントがあるかもしれないと思っています。

私はずっと、みんなしていることだから、いずれ私にも順番が回ってくるから、ということで、ただ我慢をしていました。諦めていなかったんです。ずっと不満を持っています。でもみんな我慢をしているんだから、私も我慢をしようと。それだけでした。

加害者になってしまう人は、この不満を持っている人だと思うんです。本当は嫌だけど、「当然のこと」だからやってやってる、という。だから、「当然のことじゃない」人がいると、怒りが向くんじゃないでしょうか。「当然のこと」だからお前も従うべきだと。ずっと信じて従ってきたことは「当然のこと」であり続けてくれないと許せないんです。

加害者側にいかない人は、なんとなく、「当然のこと」という納得の仕方をしていない気がします。みんながそうだから、ではなく、「私はそういう人」という風に思っている感じがするんです。自分の特性として、受け入れている、だから、周りの人と違っても、いつでも「私はそういう人」で矛盾が出てこないから、怒りも出てこないのかな、と。

兄弟と扱いに大きな差があるとして、それにたいして「長女だからこんなもの」と思っているのと、「私はこういう役割」と思っているのでは、かなり違うと思うんです。同じ長女なのになんであの子はいいの?なんて怒りが出るか出ないか。

私の家はモラハラ家庭でしたけど、そのことに関しては、他の幸せな家庭に育った人たちに対して腹が立つなんてことはありません。自分の家が異常だという自覚はあったし、「うちはこういう家庭」として納得していたからです。「みんなこんなもの」とは思っていなかったから。だから、仕方ないって、諦められていたんです。うらやましい気持ちはありましたけど、それは諦めているからこそ出てくる自然な感情ですよね。

どうでしょうね。

自分がはめ込まれた役割に対して、自分が受けられなかった愛情に対して、本当に受け入れられているのか、本当に諦められているのか。

そんなところに、分岐点があるような気がします。



私も過去の記憶を一つ一つ発掘して、丁寧に一つずつ受け入れて、諦めていくことができたら、子供に向ける激情も減っていくのかもしれません。
posted by 蝉ころん at 11:10| Comment(5) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

子供を諦める覚悟

私が、決断した、心は決まった、と何度も言いながら、後は準備をしないと・・・と言い訳がましくこの家から出られない理由があります。

子供です。

子供を連れて出る、それくらいのことはできる自信があります。

問題はその後。

「お父さんの方が良かった」

そういわれることに耐えられないという予感があったのです。GW前半の、子供が夫にベッタリになった時の私の精神状態で、それがはっきりしました。

そして、私が娘に依存していることをはっきり自覚したあと、認めることができたことがあります。

私が、子供を信頼していなかったということ。

子供たちが、夫の元に残る結果になったとして、それで一生会えなくなるとか、子供たちが歪んで育ってしまうとか・・・。今までそう思って、私から話すわけにはいかないと思い込むようにしてきたけど。

私が育てても、夫が育てても、実はそう変わらないんじゃないか・・・。

そう思うようになってきました。

子供たちにも、自分で自分の人生を生き抜く力が備わっている。私はそれを信じていなかったんです。

もし離れて暮らすことになっても、私がしっかり子供たちを信頼して、子供たちとのつながりを絶たず、私自身がきちんと自立して生きていれば、私が必要ならば私を頼ってくることもできる。

傷つけるだろう。恨まれるかもしれない。私はそれが耐えられないんです。お母さんのせいでお父さんと一緒に暮らせなくなったと言われることが。思われることが。



子供を手放したいわけじゃない。でも、夫と別に生きることを望む限り、子供と離れて暮らすことになる可能性はなくならない。子供に恨まれる可能性も消えない。

この事実を受け入れて、前向きに向き合うことができるようになったら、やっと私は進めるんだと、思います。

恨まれても、会えなくなっても、子供たちはしっかり生きていける。私もきっと、なんとか生きていける。きっと子供たちにも私自身にもものすごい傷になる。それでもきっと、乗り越えられる力を持っている。それを信じられるようになるまで。もう少し時間が欲しい。

自分が子供たちに傷つけられたと言われて傷つきたくないから、だから夫に傷つけられるままでいる・・・今の私の状態です。
posted by 蝉ころん at 12:00| Comment(5) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

モラハラ被害者同盟さんからのお知らせ

モラハラ被害者同盟さんから届いた報道関連のお知らせです。

私も一度、TVで扱っているのを見て見たいんですが、なかなか機会に恵まれません・・・。


================================
みなさまへ

毎度おなじみTBSイブニングファイブで、モラハラ特集第4回目が放送されます。
モラハラは精神的暴力ですが、心に刺さった毒矢はしだいに体まで蝕んで行きます。
言葉や態度の暴力で、一生病気を背負うことになってしまったAさんが今回登場
いたします。

放送日は5月14日(月)午後6時17分頃からですが、急なニュースが入った
場合は日にちも含めて大きく変わることがあります。

また、放送をご覧になれない方のために実況板を作りました。

http://www3.ezbbs.net/09/morahara/

リアルタイムでご覧になれる方は、放送の様子などをぜひ実況中継して下さい。

また、今秋、モラル・ハラスメントに関する本が出版されることになりました。
その本に掲載するため、被害者の方にアンケートを実施します。

アンケートはモラハラ被害者同盟トップページからリンクしていますので
どうかご協力をお願いいたします。

http://www.geocities.jp/moraharadoumei/index.html


ひとりでも多くの方にモラハラを知らせるため、コピペは大歓迎です。

みんなでつなごう、モラハラ撲滅の輪!!!
posted by 蝉ころん at 00:00| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

認めて欲しい気持ち

もう金曜日。連休の後の平日はあっというまに終わってしまいます・・・。

一応体調はそれなりに戻ったので、来週からはもうちょっと元気で過ごせるかな、と思ってます。

夫と結婚してから、平日は仕事でくたくたになって早く休みならないかなと思い、休日は夫と過ごすことで疲労して早く平日にならないかなと思う・・・ずっとそんな生活でした。

どちらの環境でも、無理ばかりしていました。無理できるからこそ認められると思っていたし、無理をしていることがアイデンティティにさえなっていたんです。

今でもきっと、仕事でも何でも、何かを始めたら、我を忘れて打ち込んで、誰にも止められなければ体力の続く限り限界まではまり込んでしまうだろうということが予想できます。対象は、私が好きなことでなくてもいいんです。

ただ、限界まで無理をすることが私への評価につながる、そのために、評価を貰いたいという欲求のために、無理を進んでしてしまう癖があるんです。

むしろ、好きなことより嫌いなことの方がいいくらいなんです。好きなことにのめり込んでいても誰も認めてくれないけど、嫌いなことを頑張ると、結果以上の評価が貰えることを、よく知っているので。

この欲求が底にある限り、なにをやっても無理をしてしまう、限界までいってしまう、それを先日のイベントで思い知りました。

そこまで無理をしなくても、私は私のままで、そのままで、認められる存在だってことを私自身がしっかり納得できたら・・・そうしたら、無理をせず、好きなことに自然に向かっていけるようになれるかしら。そんなふうになれたらいいな。



私は今、自分の好きなことがよくわからなくなっています。今まで自分が好きだと信じていたことの全てが、ただ人から評価されるために選んできたものばかりでしたから。

きっと中には本当に好きなものも混ざっているんだと思うんです。

でもそれを見つけるにはまだ時間がかかりそうです。
posted by 蝉ころん at 13:05| Comment(2) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ゴールデンウィークの自爆

やっと普通の日々になりました。みなさんのGWはいかがだったでしょうか・・・。

私は長期休み後の恒例で、少し体調を崩してます。風邪の引きかけ・・・からひどくならないので、だいぶマシな方ですが。こんな人、モラのいる家庭では多いんじゃないでしょうか?(^^;

うちのGWは、前半の連休が終わって、やっと次の日は平日だ!というとき、夫がなぜか朝から家にいる・・・昼になっても家にいる・・・という状態で・・・自爆してしまいました。

中休みがあるからと思って油断してたのが間違い。夫、9連休にしてやがりました。この数年、連休でも必ず何日か会社に行くとかして、カレンダーよりも休みが少ないのが普通だったので、まさか休みとってるとは・・・。

でも今回、直接夫のモラ行動が原因でのダメージはありませんでした。前回の記事にも書いたんですけど、話し合いも変なことにならずに自分を保てたし、夫がモラ行動をしていても、こちらから離れることで実害は受けませんでしたし・・・。

でもやっぱり夫が家にいる、というだけでかなり疲れますね。



で、ですね、自爆の内容は、というと・・・子供が夫ベッタリになったことが引き金でした。すごく傷ついてしまいました。恥ずかしいですが、1人でかなりとりみだしたりしました・・・(子供には見せていません)。

それで実感したのは、私は今、下の子からの愛情に頼って生活してるんだな・・・ということです。下の子は、愛情を感じられるように育ってくれたようで、こちらにも愛情を返してくれます。(上の子は、受け取るのも与えるのもうまく出来ないようです・・・少しずつ変わってくれると思っていますが)それを糧にして、私は上の子にも愛情を向けることができるし、もちろん下の子にも向けることができる。でも、下の子の愛情が夫に向いてしまうと、いっぺんに貯金がなくなってしまうくらい、私の中身はからっぽなんだと、思い知りました。

全く自覚してなかったけど、こんなにも子供に依存していたなんて。そういうショックもありました。

今まではまだ、下の子自身もめいっぱい私にしがみついている時期だったから、それでも問題なく過ごせたけど、そろそろ私は別の支えを探して、そして自分で立てるようになることを目指して、子供が離れていけるようにしておかないとな・・・と思いました。



課題がどんどん増えていく気がしますが・・・、きっと、少しずつ前に進んでいるから、今まで見えなかったことが次々見えてくるんでしょう。出来るようになったから自覚できるようになった、そういうことだと思います。私の心が、今の私の舵取りを信頼して、表に出してくれたこと。そう信じて、取り組んでいきたいです。

いつものように、焦らず、ゆっくり、で。
posted by 蝉ころん at 09:56| Comment(2) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

今日の肯定

お久しぶりです。ずーっと夫がいるのでパソコンからは落ち着いて書き込み出来ません。

今日は書き残しておきたいので携帯から更新します。

==========

夫から持ち掛けられての話し合いがあった。寝入りばなに突然持ち掛けられたわりには落ち着いて対応できて、あまり感情的にならず(泣いたけど)、信用しすぎずに進めることができた。

責める気持ちも、わかって欲しいという感情もわかなかった。ただ、この人にはわかりえないんだ、という事実をしみじみと確認できた。

こちらからの要求(カウンセリングを受けること)をもう一度突き付けて引かない構えを表明することもできたし、自分から話の流れを作ることもできて、夫のペースに引き込まれずに済んだと思う。

一番よかったのは、話しが堂々巡りになってきたときに、私から話しを切れたこと。そこで終わりとすることになんの罪悪感も心残りもなかった。夫の方はどう思ったか知らないけど、そんなことも気にならなかった。

これはかなりの成長だと思う。



それにしても、夫は私の状態を気にする様子で話しを進めつつも、結局は問題を私一人の責任として押し付け、自分に非がないことを確認したいだけだったことが改めてわかった。

「必要を感じない」と言っていた。自分は辛くないから自分を変えるする意味がないと。どこかで聞いた話だ。

いくら殊勝な態度で接してこようとも、もう騙されない。「どうしたらいいのか」と聞いて来ておきながら、それに対する回答を「普通なら」という言葉を使って論破しようとしてくる攻撃性を私はもう見逃さない。

そうして攻撃してきていることを夫がまったく自覚出来ない人であることが、ただ少し寂しかった。
posted by 蝉ころん at 02:20| Comment(5) | 本日の肯定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。