2007年04月23日

限界までいっちゃう体質

この週末、イベントがあって私も参加したんですが、また少し私の問題点にぶつかりました。

団体で参加するものだったんですが、私の担当している部分の代わりのメンバーがいなくて、1人で担うことになったんです。それでも、他の人でもまったくできないことではなかったし、楽しく参加するのが基本のイベントなのにも関わらず、私は1人で背負い込み過ぎてしまいました。

体力的、精神的に限界が来て、途中で泣きたくなってしまい(まだうつからも脱しきれてない証拠でしょうか?)、へたばってしまいました。結果として、みんなに迷惑をかけて、心配をかけることに・・・。申し訳なかったです。

大勢が関わるようなものに参加するとき、周りのこと、自分に求められていることばかり考えてしまって、自分の能力の限界を考慮しないところがあります。

ちょっとこの辺、体育会系出身でそういう思考回路が身に付いた面があるとは思うんですけど、能力もないのにそこまでされても周りには迷惑ですよねえ。というか、引きますよね。(^^;



で、「能力のない私」が情けない、と自分を責めそうになって、気付きました。違いますよね。実は能力がない、っていうことを自分で知ろうとせずに、自分の力を過信してなかったか?ということ。限界が来る前に、自分からメッセージを出していれば、へたばるところまで行かずに助けてもらうこともできたのに。

自分の限界を自分で設定できてなくて、他人に委ねてしまっていた(大丈夫?休憩する?なんてセリフを無意識に期待していた)んだなあと思いました。

そして、子供を産む前の私なら、ここで「能力のない私」を責めることから逃れるために、他人を批判していたと思います。なんで気付いてくれなかった、ここまでなるまでに止めてくれたらいいのに、なんて。違いますよね。「辛い」ということは自分で感じることができていたんだから、その時点で回りに伝えていれば良かっただけ。それをせずに抱え込んでいたのは私だし、私が辛いことに対して、改善を図るのは私自身の役目でした。



こういうことを、1人ぽつんと休憩しながら考えました。

「つらいから休みたい」って一言、それだけでよかったんだね。「もう無理」って言ってよかったんだよね。能力は人それぞれなんだから。

それで「まだいけるよ」「もうちょっと頑張りなよ」なんて言ってこちらの限界を理解してくれない相手なら、伝える相手を変えるなり、改善方法を提案するなりもできるし、それでも誰もわかってくれないなら、やっていけないからって抜けてもいい。

人に助けを求めたり、自己主張するのがやっぱり苦手なんだなあって、気付いた週末でした。前向きに捉えることができたものの、今の生活にシンクロし過ぎて、ちょっとどよ〜んとしてます・・・。

でもただでは転んでないですね。気付きがあったし。(^^;

それと、いっぱい心配させて申し訳ない、って思いが強かったけど、いっぱい心配してもらってありがたい・・・そんなふうにも少し思えて。それが嬉しかったです。
posted by 蝉ころん at 10:06| Comment(4) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。