2007年04月06日

夫の役割・子供の役割

前回、私は子供と支配被支配の関係にしてしまっている、と書きました。

私が加害者側に立つ時、その衝動は子供のころの恨みが原動力になっている実感があります。子供に対する時、「私だってこうだったんだから子供だってこれでいいんだ」のような考えが浮かびます。「なんで子供だけこんなことが許されるんだ、私はダメだったのに!」という怒り、恨み。

私が子供に向けている恨みの対象は、親や、私が育った社会だと思います。私は、自分がされて嫌だったこと、辛かったことを、それで当然と思い込むことで何事もなく過ごしてきたので、それを当然のこととして子供に連鎖させてしまう思考パターンを持っているようです。

親への怒りは、子供に向けずに、親に向けるべきものです。でも私はまだできません。私はずっと、親の親代わりになっていたから、親を傷つけたくないんです。それで、今度は子供に私の親代わりをさせようとしてしまっています。

やはり、この恨みは、親に返すなり、消化させるなりして、チャイルドを癒していきたいです。



そしてもう一つ、私は、親以上に、学校でのいじめ問題に深いしこりを持っています。

このことについての恨みを一手にぶつけているのが、夫だと思うのです。

対等であるはずのクラスメイトから支配された。対等であるはずの夫から支配された。

仲間であるはずのクラスメイトから裏切られた。仲間であるはずの夫に裏切られた。

平等に回ってくるはずの権利をクラスメイトに、夫に奪われた。

仲良しだと思っていたクラスメイトから、夫から、無視された。

私は、夫から逃げてしまえばいいはずでした。こんなことするやつ嫌い。それでいいはずでした。

私は、夫に、昔受けたいじめ行為をされ、その夫と仲良くなることで、失った学校生活を取り戻そうとしたし、それがかなわないとなると、今度は、過去のいじめの分まで夫を恨んでいる気がするのです。



私の中に、自分がされたことを相手にもやり返してやりたいという復讐心が存在しています。私をいじめたあのクラスメイトたちを、今でもまだ、許せていません。今でも、いじめ返してやりたいという思いがくすぶっています。

当時、私と一緒にいじめられていた子がある日突然いじめる側に回ったとき、なんて情けない行動だ、私は絶対にいじめる側には回るまい、と思いました。あの時から、私は、自分の復讐心を見てはいけない汚いものとして封印したのかもしれません。でもその気持ちは確かに存在していて、報復する対象を探しているのです。

私はあの子たちを無理矢理許したことにしてきたけれど、そのことがかえって関係のない人を対象にして恨みを晴らそうという衝動になってしまっています。

私は、私をいじめた子たちをいじめ返したいという欲求を持っています。そのいじめの背景に何があろうと、私がいじめられて苦しんだ事実は変わらないし、同じ思いを味わわせたい、そしてその罪を償わせたい。そんな気持ちを認めようと思います。恨んでいいし、許さなくていい。償ってもらっていないものを許さなくていい。受けた痛みは、ちゃんとその相手に向けたままで、持っていようと思います。



私が受け入れた親からの行為は、子供に受け入れさせようと連鎖させています。連鎖させてくれない夫への恨みも生まれてきました。

私が受けたいじめ行為は、いじめられない、いじめない子になって欲しいという、子供への縛りになっています。夫へは、実際に夫がした行為以上の罪をかぶせて恨みを晴らそうとしています。

私にとっては、夫が私を癒せる人物でないならば、いっそ悪い人間でいてもらう必要があったんです。外に向けて発散できない恨みをぶつける相手として。私には、恨む対象が必要なんです。そのためには、夫に私が恨めるようなことをしてもらう必要があったんです。

そして夫が私にしているモラ行為も、同じようなことです。自分の中の抱えきれない負の感情をぶつける相手として私が選択されたんです。

一度ターゲットになったら、えくぼもあばたにしか見えません。どんな行為でも、屁理屈をこねれば不当なものとして断罪できるんです。不当なものを断罪することは、当然のこととして正当化できます。相手のためとして自分をごまかしてしまえば、どこまででもエスカレートできます。

そういう心の中の動きが私にあることを、意識してみています。私が逃げ回っていた自分自身の心です。
posted by 蝉ころん at 11:03| Comment(11) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。