2007年03月29日

鏡としての夫

お久しぶりです。

3月に入ってからの寒気で、子供たちが調子を崩したのからはじまって、私にも移ったり子供が別の病気をもらってきたり・・・で、2週間ほど看病ウィークになってしまいました。

今は、子供たちの体調もだいぶ戻って、やっと通常生活が復活したかんじです。

おつかれさま、私。頑張った、子供たち。そして変に自己主張せず、かき回さないでいてくれた夫、それだけでかなり助かった。一触即発ぎみな場面はあったけれどもお互いよく堪えた。

では今日の記事を。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前にも書きましたが、私と夫はよく似ています。

趣味から、ものの考え方にも、かなり似た点があります。生育環境から来るものだろうと今では思っています。

これだけ似ていると、夫の目につく悪い面も、やっぱり私も持っている、ということが多々あります。ここで夫のことを分析しながら、いつも平行して考えているのは私のことです。

夫婦間の間のことに限って言えば、私が夫にされて嫌なことを私が夫にしている場合、私がしている行動と、夫の行為とは別のものだと思っています。

私からの行為には、夫がこうするなら、私もそうしていいんだろう、という、「郷に入りては豪に従え」的な、悪気なくするパターンもあれば、報復や見せしめ、という形で、夫に自分の行為を理解してもらいたいという気持ちが入っている、良くないことと知りながらの時があります。どちらにしても、私は「意識して」やっているということです。

これに対して、夫は「無意識に」こうした行動をとっています。ここが決定的に違うところです。

だから、この点に関して、似ているけれどもやっぱり違う、と思うようになっていました。

でも最近、夫の行為を、この辺りから夫の問題を押し付けられているな・・・とか、あ、またなにか自分で解決できないものが溜まってきているな・・・そろそろぶつけられるな・・・とか、分析できるようになってきて、私の問題とかぶっている、ということに気付いてきました。

いや、本当はとっくに気付いていたのかもしれません。自分で認めたくなかっただけで。

私は、子供たちに夫と同じようなことをしているのです。

つまり、夫と私が支配被支配の関係で、私も、私と子供を支配被支配の関係にしている、ということです。

夫婦関係だけを見ていたら見えなかった私と夫の類似点は、子供まで含めたところでやっと見えてきました。

私は、子供との関係でうまくいかないとき、私自身の問題を子供にぶつけてしまっているんだと思います。でも、自分のことだと、渦中に入ってしまっている時はなかなか見えてこないし、切り抜けたあとに振り返る、ということもあまりできません。

それが、夫の問題を分析するようになって、自分の問題も同じように分析することができるようになってきたんです。これは予想していなかった効果でした。



夫の問題を突き詰めていくと、私自身の問題に突き当たります。夫は、私の鏡なのです。

もう少し、夫を手放さないでいるのも私のためになる面もありそうだ・・・なんて考えたりもするこのごろです。

また傷つけられることが増えればそう悠長なことも言ってられなくなるでしょうけど。
posted by 蝉ころん at 14:18| Comment(4) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。