2007年02月08日

私のうつ症状について考えた

私は、自分がうつ状態になっているということをなかなか受け入れられませんでした。

その理由は、大きく二つありました。

一つは、私が、物心ついたころから馴染みのある精神状態だったから。これがうつだというなら、私はずっとうつだった。私の半生がほとんど病気だったということか・・・という気持ち。

もう一つは、私自身が、うつになりやすいと言われる「まじめで責任感の強い性格」だとは思えないから。

今週、こんな本を読みました。

「うつ病を体験した精神科医の処方せん」

夫が私に対して「うつが治ったら今度こそ完璧な妻に仕立ててやる」という野望を抱いているらしいことに、私はずっと「熱が下がったからって薄着で吹雪の中に放り出したらまた風邪ひくに決まってんだろ(乱暴な表現で済みません、素の私です(^^;;)」と思っていました。

そういうことが、しっかり書いてあって、すごくほっとしました。うつにならない、手抜きした生活を推奨されています。

それで、もう一度私の生活について考えてみました。

私はたぶん、小さいころからうつ的なものがあったんだろうと思います。それで、私なりにそういう状態になったときに手を抜いて生活することを早くから身に付けていたんです。きっと。

だから、ストレスでいっぱいいっぱいになった時、最優先すべき子供の心の安全を確保して、それ以外は極力手を抜こうという決断ができたんです。たぶん、それで対処できるはずだった。なんとかなりつつあったはず。

ただ、自分ではそれが自分の精神と、子供を守るために最善の道だという、確たる自信がなかったんです。あまりにも自然に身に付いた対処法なので、理論武装なんてしてるわけもありません。そこへ何もわからない夫から「ダメ母」の烙印を押されたことで、自分でもわけが分からなくなっちゃったんだなあと思います。

自分はどうやら半袖だと風邪をひきやすいようだから寒い時に長袖を着ている。それなのに、長袖を来ているのは軟弱だ、脱げ、といって脱がされるようなものでしょうか。

それで風邪をひいたとしても、脱がした方は謝るでしょうか?たぶん、やっぱり軟弱だ、普段鍛えてないからだ、と言うでしょう。

長袖を着る理由は、寒いから。どちらかと言うと保守的なものです。でもそれが普通ですよね。一方、半袖を着るほうは、寒さに負けない強い体を作るため、とか、寒くなんかないから、元気だから、とか、すごく前向きな、好意的に受け取られやすい理由があります。

半袖を来て元気に過ごすのは確かにいいことかもしれません。でも、それを押し進めるあまり、長袖を選ぶことを悪いことにしてしまうのはどうでしょう。

どっちでもいいことですよね。

家事についても、長袖半袖と同じように、怠慢、理想の極論があるように思います。

風邪の原因が寒さとすると、私のうつ症状の直接の原因は、やっぱり家事、育児の負担にあるんだと思うんです。ただ、その負担を軽減しようとする私の行動を夫が見張っているということが、私にとって一番困ることなんです。長袖を脱がせようとする人間です。

私は自分で長袖を選ぶ権利があるはずです。たとえ半袖がいいことだとしても、私がそれで風邪をひくなら、長袖を着ていていいはずなんです。体を強くするのに半袖がいいとしても、体を強くしようと思うかどうかは私の自由なはずなんです。そしてそれを実行する時期だって私が決めていい。

夫が長袖の私に不満なら、脱がせようとするんじゃなくて、半袖の相手を探せばいいんですよね。

私も、私に半袖を着させようとする夫が嫌なら、離れていいんですよね。



ん〜、なんか話がずれちゃいました。風邪の例えを出したのがよくなかったかしら。(^^;
posted by 蝉ころん at 12:22| Comment(6) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。