2006年12月22日

「お母さん」育て

今私は私の中にお母さんを育てています。インナーアダルトのことになるんだと思いますけど、私の中では「お母さん」が一番しっくり来たようなので、「お母さん」と呼んでいます。

今まで私の中で、私を見張り、私の行動を嘆いていた実際の母の目をしたお母さんではない、私を見守ってくれる理想の「お母さん」です。

子供と関わっていると、「お母さん」を育てるヒントが転がっています。

なかなか散らかった部屋を片付けてくれない。「うわ〜これだけ散らかってたら大変だね。どうやっていいのかわからなくなったね。一緒に片付けようか」と声をかけると、私がほとんどしなくてもどんどん片付いたりします。ひとりぼっちで取り組むのがイヤだった、お母さんに見ていて欲しかった、一緒にいて欲しかった。・・・なるほど。

私にも適用してみます。

やらなきゃいけないことを目の前にして絶望してきたら、いったん自分から抜け出して、客観的に見てみる。そして「私」に声をかけます。「うわ〜これは大変だね。やりたくないね。でもこれをしないと他のことができないんだよね。じゃあ、どうしようか?」私に戻る。「今日は、これだけにしたい」もう一度お母さん。「そう、じゃあそうしてみよう。ちゃんと見てるから、大丈夫だよ」

なんとなく、やる気が出てきて、思った以上に出来たりします。

子供が熱で食欲がない時。「今、体が一所懸命かぜの菌をやっつけてるからね。それだけで大変で、ごはんを片付けるお仕事はできないんだって。ごはんのお仕事はお休みにしてあげようね。また元気になったら食べられるからね」と説明してあげる。すると、納得して、無理に食べようとせずに落ち着いてくれます。

私にもやってあげる。

熱でふとんから出られない。子供の世話も最低限しか出来なくて、自分が不甲斐なくて、子供がかわいそうに思えてくる。そこで・・・「今は寝るのが大切。ここで無理してもっとひどくなったら、子供の横でも寝てられなくなるよ。体を治す時間を体にあげようね。子供のことは、子供ができる。ほら、ちゃんとやってるよ。お母さんが横にいてるだけで、安心しているよ。元気になったらまたいっぱい構ってあげようね。」

なんとなく、子供が誇らしく思える。

こんなことを、ときどきしてます。

「ちゃんと見てるよ。一緒にいるよ」という言葉、楽になるのにかなり有効でした。この言葉、インナーチャイルドの癒しにも何回か使っています。「お母さんは知ってる。ちゃんと見てたよ。あなたは悪くないよ」って。冤罪を着せられることが多かった私は、誰か私が悪くないことを、私がキチンとしていることを見てくれている存在を求めていたようです。

だから、そういう「お母さん」を育てています。

いつも、私を見守ってくれている。「嫌だな」と思った時、一緒に「嫌だね、でもがんばろっか。応援してるよ」と言ってくれる、嫌なことがあったとき、「嫌だったね。でも偉かったね。ちゃんと見てたよ」と言ってくれる「声」を、育てています。私が子供の頃に欲しかった声を。



誰でも、心の中に母の声があるんでしょう。やさしいお母さんならやさしい声として、厳しいお母さんなら厳しい声として、心の中にお母さんが住んでいるのは、きっとみんな同じ。その声に背中を押されて、時には励まされ、時には叱咤されて、みんな自分の行動を決めているんでしょう。意識をしている人は少ないだろうけど。中には縛る声もある、解放する声もある、いろんな声があるだろうけど、それは普通、実際の母親を離れて、独立して子供の心に宿っている。きっとそれが当たり前なんでしょう。それはマザコンみたいなものとは違う、心の礎のはず。

だから、小さい子になったつもりで、「お母さん」の声を育てていきます。ほかのどんな「声」より大きい存在になるまで。私の中に根付いて、わざわざ「お母さん」を引っ張りだしてこなくても、自然に私の背中を押してくれる「声」が響くようになるまで。

今、私自身は、子供たちの「声」になって、子供たちに根付きつつあります。子供を見ていると、以前の私の「声」に振り回されているのがわかるときがあります。私は今まで、私が子供たちに与える影響が怖くて怖くて仕方がありませんでした。取り返しのつかないことを植え付けていたらどうしようって。

でも、心の中の「お母さん」を育て始めて、少し不安が解けてきました。大丈夫。私が私の「お母さん」を求める限り、子供たちの「お母さん」にも、きっとなれる。私の心が、道案内してくれる。私の心が求めるお母さんを、子供たちにもわけてあげればいい。子供たちの求めるお母さんも、私にお裾分けしよう。私に「声」が寝付く頃、子供たちの「声」も、きっとそれなりの形になっているだろう。そんなふうに思えるようになってきました。

まだまだ他者の「声」が大きい私の頭の中、いつまでかかるかわかりませんけど、「お母さん」は負けないと信じています。だって、この「お母さん」は私。ずっと私の中にいて、いつでも私を見守っているんだから。
posted by 蝉ころん at 15:21| Comment(4) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。