2006年12月09日

今読んでいる本

ワークをさぼってこんな本を読んでます。

「心からのごめんなさいへ ー一人ひとりの個性に合わせた教育を導入した少年院の挑戦ー」

これは一人の母として、子育ての参考になるかも、という気持ちもあって選びました。自分の過去や最近のニュースを思うと、いつ子供が犯罪者になっても不思議はないと思うので・・・。

犯罪を起こす少年達は、やはり問題のある家庭で育った子達が多いようです。そして、発達的に障害を持っている可能性のある子達も。

でも、宇治少年院では、自分育てや、カウンセリングの手法は、時間のかかるもので、最後までサポートできるのでない限り安易に手を出してはいけないと、少年院のようなすぐに出院してしまうところには向かない手法だとして、別のアプローチをされています。

過去に焦点を当てて癒すのではなく、未来に焦点を当てて、今この時点から育てることを実践されている・・・そんなふうに捉えました。

行動療法的なアプローチということです。できないことをできるまで徹底してやる。なぜできないかを考えて、個々に合わせて取り組む。成功体験を積むことで、自信をつけていく。そして教官からの励ましと受容・・・。

厳しい規律と規則正しい生活の中、子供たちは、確実に変わっていっていました。自発的に学習に取り組み、目標を持ち、ルールを決めて生活する。普通に学校に行っている子供たちよりよほど前向きです。こんなところなら入りたい!って思ってしまったくらいです。



子供を育てるとき、大切なのは母性と父性だと言いますね。このときの母性父性は象徴的なもので、女であること、男であることは関係ないという話です。体や心を守り育むのが母性、外から家庭を守り、社会を体現するのが父性だと、私は理解しています。

この宇治少年院での取り組みは、父性を象徴しているように思いました。厳しい規律で、仲間から脅かされることを防ぎ安全を保障する。教官が手本を示し、首尾一貫した指導をすることで、社会規範を示す。そして少年達は、私語を禁止された中で自分のことをじっくり考える時間を得る。少年達は、自分たちができないと思っていたことができるようになるにつれて、自信をつけていきます。

カウンセリングは、どちらかというと母性からのアプローチなのかな。育ち損ねた心をほぐして、絡んだ感情を解きほぐしていって、もとの素直な感情を引き出して、もう一度自分を受容することができるようにする・・・。否定している自分を解き放ってやる。

向き不向きがあるし、状況によって使い分けるべきことのように思いますが、どちらも、やはり自己評価を高めることに鍵があるんだな、と思いました。



それから、少年達の言葉に出てくるもので、私の心に残ったのは、未来、将来への夢でした。一瞬先のことさえ考えられず衝動的に行動していた少年達が、この本で語っていた全ての少年が、未来の自分像を語っていました。

これも回復のバロメーターだなって思いました。

私は、まだ未来の自分を見ることができていません。少年たちに追いつかなくっちゃ。
posted by 蝉ころん at 20:17| Comment(3) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。