2006年11月22日

足踏み その2

wingseedさんにコメントを書いていて気付いたことがありました。

私は、私の存在感の無さアイデンティティにして生きていたのかもしれないです。

夫と結婚して、退職するまでしばらく家事は半々でやっていました。それは、家事そのものの負担を半々にすることだけが目的だったんではなく、「私がいなくなっても夫が困らない」ということを目的に、夫に家事を教え込んでいた面がありました。

子供を産んでからも、夫にはなるべく育児に関わらせていました。いくら嫌がろうがウンチのおむつ替えをさせ、ほぼ完全母乳だったにもかかわらず、ときどきミルクを夫にあげさせたり、お風呂に入れさせたり、食事の世話もさせたり。

おかげで、夫は家事も普通にできるし、子供の世話も余裕でこなします。

私は夫の世話をしないという形で、夫を育てるという形で、夫の世話をしていたのかもしれません。その点で私は母のような振る舞いをしていたかもしれません。

そして、上の子も、そんな風に育てていたように思います。私がいなくても大丈夫なように、近所の人達にも馴染ませ、夫にも懐かせようと、私との関係より、他の人との関係を重視して育てていた気がします。

生活面でもそうでした。なるべく自分で色々なことができるように、1人でも生きていけるように、そんなふうに育てていました。

私は私の存在を消すべく生活していました。私がいなくても生活がまわるように、誰も困らないように。

このとき、まだ私の中の「死んだらいい」という選択肢は有効だったんじゃないかと思いました。「死ねるように」生活するということが、いつのまにか私の生き方になっていたんじゃないでしょうか。



それが変わったのは、上の子のトイレへの異常な執着を目の当たりにして、このままではいけない、と自覚した日からでした。

子供の気持ちを見ようとするようになったし、家事を後回しにするようになったし、自分の楽しみも捨てないでいようとするようになった。遅くまで帰ってこない夫をアテにもしなくなった。

私はやっと生きようとしだしたんじゃないか。

家事を後回しにするということは、次のタイミングに自分がいることをアテにしていることです。私が突然いなくなったら困ることを作っていることなんです。私は明日もここにいる。そんな、普通なら気にもしないことを、やっと自覚して生きだしたような気がします。

私が私の存在を残すようになった。存在を自分で認めるようになった。そんな変化が、あのとき、私に起きていたように思えてきました。私が自分の存在を消そうとしていることを、子供が教えてくれたんだ、と思えてきました。




それからこれは、夏草さんのブログともかぶりますが、私が自分の存在を認めだしたこの時期は、夫の在宅時間が極端に減った時期とも重なります。

夫の呪縛が溶け出したころなのか・・・?そんな気もしてきました。
posted by 蝉ころん at 21:53| Comment(4) | 自分育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。