2006年11月10日

「喪失」で思い出したこと

「子どもを生きればおとなになれるーインナーチャイルドの育て方」という本を読み始めました。

これから、この「自分育て」のカテゴリで、心の中を書いて行きたいと思います。些細なこと、と思って書かないでいたことも、どんどん出して行きたいです。



まず手始めに「喪失」の項を読んで、比較的最近のことで思い出したことを書きます。直接は関係ないことなんですけど・・・。

夫との関係に絶望を感じ始めた頃、近所のスーパーが閉店しました。

私はこのとき、悲しくて悲しくて仕方がなかったんです。店にいっては、閉店のお知らせの看板を見て涙をこらえながら買い物をしていました。

確かに毎日のように買い物に行っていたけれど、たかがスーパーです。馴染みの店員さんがいるわけでもありません。

それなのに、自分でも訳が分からないくらい、ただただ悲しかったんです。今も書いていて思い出して泣いてしまいました。

近所のスーパーが閉店しただけですよ?おかしいでしょう?この反応。しかもいまだに引きずっているって・・・(書いてみて初めて引きずっているのを知りました)。

やっぱり何か、一番原因となる喪失体験がどこかにあって、それを解消してやらない限りは、またこんなことが繰り返されるんだろうと思いました。夫とのことも、それだけで傷ついた部分ももちろんあるんだけど、それに刺激されて、封印できていたはずの感情がでてきて、それが影響し合って落ち込みがひどくなったりしているんだろうと。

これから、少しずつ書かれていることを実践してみたいと思います。
posted by 蝉ころん at 14:33| Comment(3) | 自分育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。