2006年11月01日

戦闘態勢

すっかり夫のことは「敵」認定しました。

正確には、夫の中に住んでいる「姑」が敵のような感覚はありますが、混ざり合って一体化しているあの状態では、夫=姑と思って間違いない。夫の血族との戦いだと思っています。

彼らは、本当に自分たちの血族以外を認めません。

一度、姑に彼の幼い頃の写真を見せてもらったことがありました。

その写真は、あきらかに父親が写っていたと思われる部分が全て切り取られ、夫の頭の一部を切ってまで、父親の片鱗さえも残らないようにされていました。

相手の非が大きくて恨みが消せないような離婚の場合、そういうことをしてしまう心理が理解できないわけではありません。でも、それを嫁に見せるのはどうか?

そして、姑は、なにかの機会に思い出しては、夫の父親の悪口を言うのです。口汚く、汚らわしいと言った顔つきで。夫や夫の兄弟も同席している場所でもおかまいなし。それはまだいいかもしれない。姑が離婚したのは夫たち兄弟がかなり大きくなってからで、事情も飲み込めていただろうから、共通の話題なのかもしれない。

でも、私の子供がいる場所でも平気でするのです。

そして、夫の兄弟にも離婚している人がいるのですが、この人は、まだ小学校入学したての自分の子供の前で、元配偶者のことを罵倒します。その上「お前のそういうところ、○○(元配偶者)にそっくりだよ!」などと子供に言ったりします。

こんな人達の住処に、子供たちを置きざりにできるでしょうか?



私は任せられない。こんな感覚に子供たちを染めたくない。

私は、姑のいいところも、夫の兄弟のいいところもたくさん知っています。甥や姪のことも大好きです。子供たちのこともずっとかわいがってくれました。だから、子供たちには、自分たちをかわいがってくれたおばあちゃん、おじちゃん、おばちゃん、いとこたちのイメージをずっと持ち続けて欲しいし、お母さんお父さんが敵対している姿なんか知らせたいとも思いません。

でも姑は違う。夫も違う。子供たちからお母さんの思い出を消し去ることさえ容赦ないでしょう。夫はそうして育てられて、情の全てを姑と兄弟達、つまり、姑の認めた人間のみに向ける人間になったのです。

私は子供たちをそんな人間にしたくない。



きっと裁判までいくと思います。姑が気に入っている孫達を、夫が簡単に諦めるはずがありません。でも私は負けない。弁護士に頼んでも、子供たちだけは、渡しません。
posted by 蝉ころん at 15:03| Comment(4) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。