2006年10月30日

決断

この週末の話し合いで、心が決まりました。私は離婚を目指します。

書くべきかどうか迷いましたが、決心が鈍らないように書いておきます。でも危険なことに変わりはないので、少し経ったら非表示にするつもりです。

いずれ、ここのブログも閉鎖することになるかもしれません。その時は突然になるかもしれませんが、ご了承下さい。



夫は、以前の話し合いで私が見せた本を、私からの絶縁宣言と受け取っていました。「心の暴力 夫婦という密室で」という本では、確かに被害者に逃げることを勧めています。私も軽率だったかもしれません。でも、私は、「私の苦しんでいる状況はこんな状況」だということを理解して欲しい、だから読んで欲しいと言ったはず。それを、本が別れることを勧めているから、別れたいんだろうと理解したようでした。

そして、俺が変わらなければ暮らせないというならもう無理なんじゃないのか?俺は変わらないぞと。

さらに、俺はお前より母親をとる。それでダメなら無理なんじゃないか?とも。

決断はこちら任せでした。その冷静な話し振りに、私もそれでは無理だと言ってしまいました。

話はこれで決まりかと思って、私が生活力をつけるまではここにいたいと言おうとすると、「金はやる」と。そして「子供はもらう」と。夫はいとも簡単にそう言いました。まるで子供がものであるかのように。金で子供を買うと言うのか?

冷静さを失って、「そんなわけにいくか!」と怒鳴ってしまいました。

罵り合いになりそうになり、このままではまずい、と思って、とにかく私は一旦退き、関係改善への努力をまずしようじゃないか、という話に持っていきました。カウンセリングを受けると言う約束をまず果たしてもらわないと納得がいかないと。

なんとか場を冷静に戻し、カウンセリングを受ける引き換えに夫の要求も受け、なんとか収めましたが・・・。

とにかく、夫が私を「子供を産む機械」くらいにしか思っていなかったことが改めてわかりました。夫の大切な子供達、その子供達が大切に思っている母親だと言うことさえ、夫の頭にはない。私と夫の目指す道が違うものならば、別れればいいと。いともあっさりと言ってのけました。

私がこの何年かずっと悩み続けていた、「子供から大切な父親を奪っていいのか?」という問いは、夫にとってはたった3週間で答えの出せるものでした。もしかすると一瞬さえ頭に上ってないのかもしれません。

子供の気持ちはどうなるの?自分の子供の気持ちでさえ、夫は想像することができないの・・・?



私の心は決まりました。ずっとつかず離れず子供の面倒を見ている、その母親を子供から奪うことに対して躊躇も見せない人間に、子供を任せるわけにはいかないと。

そして、夫の条件は私が夫のやり方に従うこと。それでなければ金を払って子供も奪って追い出すということ。これは脅迫ではないでしょうか。

子供を連れて脱出するしかない。もうそれしか道はない。そう決意しました。

そのために私は夫に従います。逃げるために。なんとしてでも逃げてやる。そう決意しました。子供は絶対に渡さない。



そして、今日はやっと保健所のDV相談に行ってきました。男の相談員さんの前でぼろぼろ泣きながら現状を伝えるのは恥ずかしくもあり、理解してくれるかどうかの不安もありましたが、まずは第一歩だ、と、話をしました。それから、受けられる助成制度や、相談先などについて教えてもらってきました。

次は法律相談に予約を入れて行ってきたいと思います。

話し合いの日から、睡眠時間が減っています。夜中に目が覚めて寝付けません。体中がピリピリしています。

でも今は、せっかくスイッチが入ったこの勢いを逃したくない。とにかく突き進もうと思います。
posted by 蝉ころん at 15:09| Comment(12) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。