2006年10月28日

インナーチャイルド

夏草さんのブログでも取り上げられているインナーチャイルド。私の感じているインナーチャイルドについて書いてみたいと思います。



私がカウンセリングを通して親との関係を振り返り出した春頃、自分の中のインナーチャイルドを探してみようとした時期がありました。

このとき、呼びかけても探しても、どこにも見当たりませんでした。むしろ、私自身が、まるまる子供であるように感じていました。

私自身がまるまる子供なら、どうして子供の私を癒したらいいんだろう?と思った私は、考えた末、私の外側に「親」を想像し、共感してもらうという作業をしてみました。夜、布団で丸まって、自分を抱きしめながら、私自身に対して呼びかける「声」を想像しました。

これだけでも、かなり慰めになりました。ゆっくりと涙を流して、包まれながら眠ることができました。


そのうち、私の中に「大人」を見つけました。

どうやら、本来の「子供の私」を守る盾となれるはずの「大人の私」は、私の中に隠されてしまっていたようでした。「大人の私」が、夫に対抗して傷つき、使いもにならなくなる前に、「子供の私」が、宝物を守るように中に引っ込めてしまったかのようでした。

「大人の私」は、「子供の私」に守られていました。それほどに「大人の私」は弱いもののようでした。

今、「大人の私」を取り戻してみると、その弱さを実感しています。自分の弱さを知らないまま夫に立ち向かってボロボロになっても戦っていた以前の私。弱いことを自覚しないために、もう盾にもなれずに「子供の私」さえ傷だらけになっていたのに、それでも戦いをやめることができませんでした。

「子供の私」が前に出たことで、かろうじて、自分の弱さに気付くことができました。そして、完全に失う前に、「大人の私」を取り戻すこともできました。



そして先日、私の中にインナーチャイルドらしい姿を見つけることができたのです。その子供は、大きく手足を振り回しながら、「私だって、私だって!」と叫んでいました。


私はずっと、「順番待ち」をしている。そんな感覚があります。

家庭でも、幼稚園でも、学校でも、社会に出てからも。ずっと、いい子にして、並んで待ってる。待てない子には、先を譲ってあげる。順番抜かしされても文句も言わない。だから、私にも順番をまわして。ずっとずっと待ってるから、私にも順番をまわして。

順番を抜かされても、「この子が先よ」と言ってくれる第三者はいませんでした。「順番抜かしするな」と冤罪を着せられても、「この子はずっと並んでいたよ」と証明してくれる声はありませんでした。それでも、辛抱強く待っていました。

そして、ずっと順番を待っているうちに、私の番にならないうちに、時間切れになってしまう。時間切れ、時間切れ、時間切れ。時間切れの連続のうちに、いつの間にか私は大人になっていました。

「もう大きいんだから」「もう帰る時間」「もう寝る時間」「「早くしないから終わっちゃった」「もうおしまい」

そんな言葉ばかりを聞いて育ってきた気がします。

そして、そんな言葉ばかりを子供にぶつけている気もします。



ここに何度も書いている「焦らないで」という言葉。私はずっと焦って焦って育ってきました。早くしないとまた順番が回ってこない。早くしてくれないとまた時間が終わってしまう。

私を縛っているのは「時間」なんでしょうか。

ものすごい焦りと突然のあきらめが私の中にはあります。のんびりゆっくり、というのが本来の自分であるような気はしてきています。でも、時間制限を意識したとたん、焦りの渦が私を巻き込むのです。そして、間に合わない、となったときのあきらめの早さ。これは、潔さとは違う、と思ってはいました。

焦らなくていい。誰にももう順番は抜かさせない。だから、暴れないでも、いいんだよ。落ち着いて、何がしたいのか、考えてみようか。こんな声が、私の本当に欲しかった声なんでしょうか。



「大人の私」を守る「子供の私」が、私の母を、父から守ろうと頑張っていた頃の自分と重なります。

私は母になりたい。

「子供の私」も、私の子供たちも、見守ってやれる、手助けしてやれる、後押ししてやれる、私が欲しかった母になりたいです。
posted by 蝉ころん at 15:45| Comment(4) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間があきました

2週間ぶりになってしまいました。

途中、書きたいことも沢山浮かんだんですが、子供が体調を崩したりして時間がうまく取れなかったりしているうちに、タイミングを逃してしまったような感じです。またぼちぼち書いていきたいと思います。

といいつつ、使える時間でスキンを新しくしてみました。まだいまいちしっくりきていない部分もあるのでまたいじるかもしれません。

こういう作業は構えずに出来るのでたのしいです。楽しいからとはまりこんでしまって、記事を書く方に使う時間がなくなるのが困りものですが。おかげでちょっと安定していた精神状態がまた不安定になってきたような・・・これでは本末転倒ですね。(--;



楽しいことを楽しむのと、落ち着いて自分を見つめることと、書いて整理すること、日常生活、いろいろと平行してこなしていくことがまだまだむずかしい状態です。

相変わらず夫と時間を過ごさなければいけない時には動悸が激しくなったり、冷静な気持ちが吹き飛んだり、帰宅拒否もあり。まだまだ以前の自分を取り戻したとは言い切れないなあと思います。

それから、夫婦の問題と関係なしに、子供との問題、というか私の子供への感情に問題があることもはっきり自覚できるようになってきたので、このあたりも綴っていかなければいけないと思っています。


ちょっと表面は変わったもののあまり進歩のないこのブロク、またこれからもよろしくお願いします。m(__)m
posted by 蝉ころん at 00:44| Comment(2) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。