2006年10月13日

親になってた?

昨日はカウンセリングでした。

今までで一番、言いたいこと言って帰ってきました。カウンセラーさんの言葉をさえぎってまで喋っている自分に、これってなんか「私」じゃない・・・元気すぎる・・・という変な違和感がありましたけど、いっぱい喋って、すっきりしました。自然に笑ってカウンセリングルームを出られたのは初めてかも。

そのあと、道を歩いている時にも、意識していないのに背筋が伸びていたりして、ちょっと出来過ぎな感じでした。(^^;

またそのうち落ち込む日もくるんだろうなあ〜。でも、今はせっかく元気な自分を楽しんでもいいかな、って思います。少し前はこんなことにさえも罪悪感を持っちゃってましたけど。




それで、昨日のカウンセリングの後で考えたこと。

やっぱり夫は私に「母」を求めているんだろうなあ・・・ということ。そして、会社では「父」を求めている。

夫はまったく私との間の境界線を意識していません。私はときに夫の保護者になり、ときに子供になり、ときには恋人になることも、あります。でも、その都合のいい役割って、幼児期の子供が母にわがままを言うさまと同じなんです。

私が髪を切ると不機嫌になるのも、知り合いのそばでは私の近くによってこないことも、知らない環境では逆に私から離れないことも、自分の思い通りに家の中が動いていないのが気に入らないのも、全部私を母だと思っているから。

もちろん、夫自身は意識していないし、指摘しても理解はしないだろうけど。でもやっぱりそういうこと。

でもこの要求は大人同士と思うととても変なことだから、大人として夫を扱ってきた私は、ずっと突き放してきたんですよね。でも、子供が母に対してしている要求だと思えば、突き放されて、それは傷ついただろうなと思います。

だから、夫も私が母じゃないということを知らずに私を傷つけたけど、私も、夫が大人だと信じ込んで夫を傷つけていたのも事実だったんだなあと思います。

ただ、これは仕方ないこと。だって、大人の相手を見て、子供のつもりで付き合うことは出来ませんから。子供だとわかっていたら結婚なんかしません。意図しない結婚詐欺のようなものだと思います。相手が騙しているつもりがないから騙されたと言ってもわからない。

でもこれは、夫側の問題です。いつか、夫自身が自分で気付いたら、きっとその時は夫は成長するでしょう。もともと素直なところのある人(子供なだけに(^^;)だし、きっと劇的な変化をしそうな気がします。

もしその時にまだ私が側にいたら・・・?と想像を膨らませてみました。きっと、母である私はいらなくなるんだろうな。夫は親離れして去っていくかもしれないな。

そのとき、私は?

寂しい?悔しい?取り残されたような気持ち?

なんとなく、そのときこそ夫を晴れがましく送り出すような気がしました。もうこれで悔いなくさよならできるって。さばさばと、元気でやれよ、って・・・。

ん?

それって、子が立派に育って満足している母のような・・・。

私はすっかり夫の母の立場に収まってしまってたんでしょうか。夫を突き放してみたりしていたのも、夫を成長させようとしてやっていたんでしょうか。なんだかそんな気がしてきました。

母として、便利な身内として扱われていることに憤慨しながら、実はなかなか巣立とうとしない、自立しない夫に、親としての視点でイライラしていた?

なんとなく、これ、今すごく納得がいくんです。皆さんどう思われます?(^^;
posted by 蝉ころん at 12:50| Comment(6) | 考えごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。