2006年10月05日

夫のことばかり

夫のことばかり考えていることを夏草さんに指摘してもらって、またそんな自分について考えた。

私は自分が苦しんでいる状況が理解できなくて、その答をずっと探している。その原因のかなりの割合を占めているのが夫で、でも夫から受けている扱いは、一つ一つを見るとそれほど大きいものでもなくて。それで、ついつい深みにはまって考え込んでいるような気がした。

この週末の話し合いでも、夫は本当にやさしかった。ほだされそうになったほどだ。

それでも、言葉の端々に、ヒントはあった。

一つ私から話をした。

「あなたは私が髪を切ると不機嫌になるでしょう」

なんでこんな話を持ちだしたんだろう?ここに問題の本質が隠れていたからだ。
続く会話はこうだった。

夫「だって男の子みたいなんだもん」
私「でも付き合いはじめからショートだったのに、なんで切ったらいけないの」
夫「それとこれとは問題が違うんだよ。男ってそんなもんなんだよ」

夫の口調はやさしかった。でも、そこにあったのは、「こういう俺を理解しろ」のメッセージだった。「男って」と一般化して、単に夫がショートが嫌いなだけのことを、受け入れなければいけないことのように言いくるめている。

私には自分の好きな髪型にする権利はないのか?自分の趣味で髪型を決めたら不機嫌な人と暮らさなければいけないのか?

夫は私個人を見ていない。私の中の、「女である」ということだけしか見ていない。私の中の、「私」の部分を捨てて、「夫の好きな女」の衣装をまとうことを望んでいる。

やさしくであれ、きつくであれ、夫のメッセージはそういうことだ。そして、私が苦しんでいるのはそのことだ。私が私でいていけないというメッセージは受け取れない。

「夫のロボットにされてたまるか。」

これが今見つけられた私の答。



あれから夫は、毎朝私が起きている時間に起きてくるようになった。夜も早めに帰ってきて必ず顔を合わせるようになった。

それがどれだけ私の負担になるか。夫は謝ったから修復したものだと思っている。夫婦関係をこじらせないように会話をしようとも言う。そんなことがいきなり出来るわけがない。昨日まで近くに寄られると恐怖で動悸がしていたような人間を相手に、今日は心を開けというのは無理だ。

今週末は、私から宣言しなければならないと思っている。時間がかかることを。距離を置いてゆっくり回復したいんだということを。
posted by 蝉ころん at 12:33| Comment(6) | 私を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。