2006年10月02日

週末の話し合い

週末、夫の方から動きがありました。うまく書ける自信がないけど、書いてみます。



結論からいうと、やっぱり、夫は私のうつ病を疑っていたようだった。それは夫なりに私の状態を心配してのことで、夫自身も自分の性格について悩んでいたこともあって、カウンセリングに一緒に行くことを約束してくれた。

今までの私なら、ここで肩の荷を降ろして前向きになろう、と思っていたことだろう。夫は私のことを考えてくれていた、と感謝さえしていただろう。今でもその気持ちがないわけではない。でも、今の私はそこまで楽観的になれないものを抱えている。

今までも、夫とは話し合いをするたびにこんな前向きな気持ちになったことが度々ある。それでもいつも結果は同じだったじゃないか。

そして、この週末の話し合いでも、夫はうつ病のことを口にする前は、とても攻撃的な目で私をみていたんではなかったか。

私は夫のことを怖いと感じていると正直に言った。支配しようとしているように感じる、と言った。正確には違う。夫といると、自分から自分をなくしていってしまうことが怖いんだ。もしかすると私は人間全てが怖いのかもしれない。

とにかく私は夫が原因で私が追いつめられたということを夫に告げた。夫はごめんといい、夫自身の性格の問題点についても話をし、カウンセリングの話もすることができた。私は問題が解決に向かうんではないかという希望を感じた。

でもなにかに違和感も感じていた。このときはよくわからないまま、なぜかまた夫の仕事の話を聞いていた。夜中の話し合いは4時を過ぎて、この日はお開きにして、いつものように別々の部屋に戻って休んだ。

次の日、私がまだ目が覚める前に夫は起きてきて、子供たちとテレビを見ていた。そして、朝ご飯は外で食べることに決まったらしい。

心がざわざわとした。また夫は私に相談もせずに、私の状態を勝手に理解したつもりになって私の行動を決めている。子供を誘って、私が一緒に行かなければならない状況を作っている。前の日の話し合いで一応和解した形になっているから、私はこれを断ることができない。「私が」断れない。夫には、私が本当は嫌だけど断れないという心理状態になってしまっていることはわからない。

こういうことの積み重ねが私を鬱に追い込んだんだということが、今はわかる。

夫自身は本当に私のことを心配しているんだと思う。それで元気を出させようと、朝ご飯も作らなくていいよ、と、食事に誘った。その車中から私は泣いていた。店の中ではなんとか自分を保ったけど、また帰りにも泣いてしまった。下の子を寝かしつけつつも泣いていた。

私は今、家族の中にいること、そのことそのものがとても辛い。本来私が立つはずの台所で夫が子供におやつを作り、夫が洗濯機をまわす。子供が大喜びで夫の手伝いをする。そのことがとても辛い。

この日の夫は本当に親切からしている。少し前までのようなイヤミでやっているところはまったくない。それがまた辛い。いっそイヤミでしてくれていた方がいい。そのほうが私が私でいられる。



夫は、私が「鬱だから」何も出来ないんだと思っている。私は、そうじゃないと思っている。私は本当は何も出来ないのに、無理をして出来る自分を装ってきて、それが出来なくなったから鬱になったんだと思う。もし私が回復するなら、この「出来ない私」を私自身が受け入れる必要があると思っている。

でも、夫はそうは思っていない。鬱が治って、また元気な私になれば、また出来る私に戻ると思っている。夫が実践して見せている、理想的な家事をまた私ができるようになる、と思っている。夫は、私が「鬱」だということがわかって、それで問題が解決した気になっている。病気なんだから、と。医者に行って、薬を飲んで、養生していれば治ると。元に戻ると。そして自分で勝手に私の手を引いていくことに決めてしまっている。私が一人で歩けないんだから、と。

私は自分で歩いてるよ。ゆっくりだけど、足手まといに思うんだろうけど、これでも自分で歩いてんだるよ。

話し合った時も、「上を目指せ」という言葉が出た。今はここかもしれない、ここでいいじゃないか、そこからどんどん上を目指せばいいんだ、と。常々自分でも思っていることであっても、夫の口から聞くと重荷でしかない。夫が私を励ますつもりで言っていることもわかっている。それでも、その「上」はどこ?と思ってしまう。その目標は、私が決めることでしょう?馬の鼻先に人参をぶら下げるように、あなたが設定するものじゃないでしょう?

あくまで夫は、私の保護者として、私の進む道筋を決めようとしている。私が選んで進んでいる道筋を認めようとはしてくれない。

私はこれでもあがいてるんだよ。私なりに悩んで自分で解決策を探して選びとってやってきたんだよ。

私に解決策を提示しないで欲しい。私に自分で選ばせて欲しい。本当に私を心配してくれているなら、私の居場所をこれ以上奪わないで欲しい。

夫が私の保護者でいようとする限り、やさしさに傷つけられて、さらにそのことに罪悪感を持つ、悪循環は終わらないんだと知った。



夫はこのことを理解してくれるだろうか。私が人生に介入されていると感じていることに、気付いてくれるだろうか。それがない限り、どれだけ会話が復活しようと、夫との生活に望みがないことに、変わりはない。
posted by 蝉ころん at 10:19| Comment(5) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。